髄内釘固定

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 経験と考察 先天性下腿偽関節症に対するKirschner鋼線髄内釘固定術の検討
  • 伊藤 錦哉,西須 孝,中村 順一 [他]
  • 整形外科 61(9), 984-987, 2010-08
  • NAID 40017230946

関連リンク

髄内釘固定 骨の中心部にある髄腔に、骨端から金属製の長いロッド(棒)を打ち込みます。骨折部を切開せずに固定できます。 大きな骨の骨幹部(中央部分)が折れたときに行います。 骨折部周辺の軟部組織(筋肉や皮膚など)を傷めること ...
髄内釘(ずいないてい) 髄内釘は骨折された患者様や、関節リウマチを患われている患者様に使用されます。 主に「髄内釘」と「横止めスクリュー」の2つで構成されており、 より強固な固定が求められるところでは「ラグスクリュー ...

関連画像

髄内釘(ずいないてい)固定骨接合材料とは髄内釘。特長


★リンクテーブル★
拡張検索閉鎖式髄内釘固定法
関連記事固定」「髄内釘

閉鎖式髄内釘固定法」

  [★]

closed intramedullとlry  nailing

固定」

  [★]

fixationconsolidationclampfixfixed
鉗子強化クランプ硬化固定化固定法修復定型的圧密固視クレンメ



髄内釘」

  [★]

intramedullary rod




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡