骨髄転移

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例報告 著明な貧血と血小板減少と末梢血の異常細胞で発見された転移性乳癌の1例
  • 太田 誠介,笠原 明宣,水野 翔馬 [他]
  • 岡山医学会雑誌 126(1), 31-34, 2014-04
  • NAID 40020062127
  • 血清ALP異常高値を契機に診断し, 低用量S-1療法によりDICへの移行を回避し得た高齢者胃癌・骨髄転移・多発骨転移の1例
  • 竹田 章彦,河原 史明,大西 勝博,東田 明博,間森 聡,芦田 兆,奥谷 俊夫,山田 元,近藤 武史
  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 108(11), 1879-1885, 2011-11-05
  • … .貧血と血清ALPの異常高値を認め,精査のため入院.低分化型胃癌の骨髄転移・多発骨転移と診断.低用量のS-1とゾレドロン酸を用いた治療によりDICへの移行を回避し,原発巣と骨髄転移巣ともに改善を認め,外来でも治療を続行し得た.本症例の経過から低用量S-1とゾレドロン酸の併用療法は,超高齢者の胃癌骨髄転移症例に対する治療選択肢の1つになり得ると考えられた. …
  • NAID 10030298802
  • 播種性骨髄癌腫症を呈した前立腺癌の2例
  • 加藤 琢磨,山本 議仁,松岡 祐貴 [他],桑田 善弘,田岡 輝久,香月 奈穂美,串田 吉生,筧 善行
  • 日本泌尿器科學會雜誌 102(1), 28-33, 2011-01-20
  • … 髄生検にて骨髄への前立腺癌転移が確認された.症例2:68歳男性.血尿を主訴に当科を紹介された.膀胱鏡にて前立腺部尿道に非乳頭状腫瘍を認め,経尿道的生検を施行した.前立腺癌(T4N0M1)と診断され,MAB療法,ゾレドロン酸投与にて加療が開始された.治療開始8カ月後,倦怠感,貧血,血小板減少を認め,骨髄生検にて癌の骨髄転移と診断された.ホルモン交代療法,ドセタキセル療法が行われ,血球減少症は改善し,全身状態も回復した. …
  • NAID 110008440745

関連リンク

悪性腫瘍の骨髄転移細胞 骨髄は悪性腫瘍転移の好発臓器の一つであり、癌腫剖検例の約20~30%に骨髄転移が認められる。骨髄転移は主として血行性であるため、赤色髄を有する部位への転移が多く脊椎骨、骨盤骨、... (続きを ...
がん骨転移が多くみられる乳がん、前立腺がん、肺がん、多発性骨髄腫の方には、それぞれ専用の入口を設けています。 2012.11.27 ・「がん骨転移info」を公開しました。 ・キャンサーチャンネル ・キャンサーネットジャパン ...

関連画像

癌の骨髄転移 (高分化型腺癌)の骨髄転移骨肉腫の骨髄転移 (高分化型腺癌)の骨髄転移骨肉腫の骨髄転移骨髄転移性腫瘍の場合は、骨髄


★リンクテーブル★
国試過去問094A040
リンク元血小板減少症
関連記事転移」「骨髄

094A040」

  [★]

  • 巨大な脾腫をきたすのはどれか
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)

血小板減少症」

  [★]

thrombocytopenia, thrombopenia
血小板減少
血小板血小板輸血血小板増加症

分類

原因

  • 血小板産生減少
  • 脾補足亢進
  • 血小板除去亢進
  • 免疫機序
  • 非免疫機序
  • 感染症
UCSF p.307
  • 産生の低下
  • 消費の亢進


アプローチ



転移」

  [★]

腫瘍の転移

metastasis
metastatic potentialskip metastasismetastatic disease


原発 転移
リンパ節が最多。肝臓、胸膜、対側肺、副腎、心膜、骨(肋骨、椎骨)、大脳(圧迫症状出現)
遠隔転移:肺内>骨>脳>肝>副腎
小細胞癌が最も転移しやすい。
分化型:血行性に肝臓、未分化型:腹膜播種
大腸 肝臓、肺
卵巣 腹腔内播種、リンパ性転移(後腹膜)。血行性は希
腎臓 肺>骨>肝。副腎もありうる。能は多くない。
骨肉腫 肺>骨
発見時に10-20%の症例で肺転移。
  • 転移性脳腫瘍は原発巣が肺であることが最も多い、らしい。
  • 転移性の硬膜外腫瘍は原発巣が肺癌>乳癌>リンパ腫



精神医学

transference
感情転移

分子遺伝学の転移(トランスポゾン)

transposition



骨髄」

  [★]

bone marrow (Z)
medulla ossium
骨髄組織
  • 髄腔を埋めるように存在

分類

性状

細胞成分の過少

  • 過形成
  • 正形成
  • 低形成

造血

加齢変化

  • 6歳以後は加齢とともに脂肪化が進み、黄色骨髄が増加
  • 長管骨の末端から黄色骨髄に置換されていく。成人では脊椎骨、胸骨、肋骨などで造血が起こる
  • 乏血、低酸素状態では黄色骨髄が赤色骨髄に置換され、造血ができるようになる。




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡