骨髄線量

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 47 心血管撮影時における患者骨髄線量の検討(関東・東京部会)
  • 安西 徹,下瀬川 正幸,広木 修一,椎葉 眞一,高柳 秀隆,鈴木 廣次
  • 日本放射線技術學會雜誌 52(6), 797, 1996-06-20
  • NAID 110003437084

関連画像

内部被曝の実質的な線量は 旧ソ連原子力発電所事故による  骨髄 に 対 する 推定 線量 と放射線による骨髄の損傷(骨髄 耐容線量 (たいようせんりょう 基となった表データと骨髄線量


★リンクテーブル★
関連記事骨髄」「」「線量

骨髄」

  [★]

bone marrow (Z)
medulla ossium
骨髄組織
  • 髄腔を埋めるように存在

分類

性状

細胞成分の過少

  • 過形成
  • 正形成
  • 低形成

造血

加齢変化

  • 6歳以後は加齢とともに脂肪化が進み、黄色骨髄が増加
  • 長管骨の末端から黄色骨髄に置換されていく。成人では脊椎骨、胸骨、肋骨などで造血が起こる
  • 乏血、低酸素状態では黄色骨髄が赤色骨髄に置換され、造血ができるようになる。


量」

  [★]

amountvolumecontentquantity
含有量含量体積達する容積内容物内容ボリューム

線量」

  [★]

dose
投与量服用量用量薬物用量




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡