骨髄液塗抹染色

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

臨床的意義 血液塗抹標本から骨髄系細胞を染め出す検査。顆粒球・単球系細胞で陽性となり、急性白血病の病型分類に必須。 ペルオキシダーゼ(POD)は、H 2 O 2 の存在下で酸化反応を触媒する酵素である。血液細胞では骨髄系 ...
臨床的意義 おもに血液塗抹標本で多糖類や糖蛋白を紅色に染める検査。赤白血病やリンパ系悪性腫瘍で異なる染色パターンを示す。 PAS染色は、血液細胞内の多糖類から過ヨウ素酸の酸化作用によって、アルデヒド基が形成され、それ ...

関連画像

写真2 骨髄血(後染色:ギムザ ALLの骨髄血塗抹(弱い塩基性を 末梢血塗抹標本検査より線維期 染色体 検査 dry tap の ため 骨髄


★リンクテーブル★
関連記事骨髄」「塗抹」「骨髄液」「染色

骨髄」

  [★]

bone marrow (Z)
medulla ossium
骨髄組織
  • 髄腔を埋めるように存在

分類

性状

細胞成分の過少

  • 過形成
  • 正形成
  • 低形成

造血

加齢変化

  • 6歳以後は加齢とともに脂肪化が進み、黄色骨髄が増加
  • 長管骨の末端から黄色骨髄に置換されていく。成人では脊椎骨、胸骨、肋骨などで造血が起こる
  • 乏血、低酸素状態では黄色骨髄が赤色骨髄に置換され、造血ができるようになる。


塗抹」

  [★]

smear
スミアースメアなすりつけ標本なすりつけたようにバンドが尾を引くことスミア

骨髄液」

  [★]

bone marrow aspirate
骨髄穿刺液


染色」

  [★]

staining
染色法




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡