骨髄幹細胞

出典: meddic

bone marrow stem cellmyeloid stem cell
骨髄系前駆細胞骨髄系幹細胞

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/01/11 02:13:16」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 小児心不全に対する心臓内幹細胞自家移植療法
  • 脳虚血後の神経再生―前脳虚血モデルでの検討―
  • 脳梗塞を標的とした低用量G-CSF の臨床応用

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
先読み骨髄系幹細胞
関連記事幹細胞」「骨髄」「細胞

骨髄系幹細胞」

  [★]

myeloid stem cell
骨髄系前駆細胞 myeloid progenitor cell myeloid progenitor



幹細胞」

  [★]

stem cell, stem cells
造血幹細胞

特徴

参考.1
  • 1. 多分化能:複数系統の細胞に分化できる。
  • 2. 自己複製能:細胞分裂を経ても多分化能を維持できる。
  • 3. 分化を抑制する遺伝子の発現
  • 4. テロメラーゼの発現
  • 不死細胞ではない。哺乳類の造血幹細胞では、一生の間に行う分裂は80-200回とされている?

細胞分裂の特徴

  • 分裂により2つの異なる細胞ができる:別の種類の細胞に分化したもの。同じ分化能を維持したもの。

参考

  • 1.



骨髄」

  [★]

bone marrow (Z)
medulla ossium
骨髄組織
  • 髄腔を埋めるように存在

分類

性状

細胞成分の過少

  • 過形成
  • 正形成
  • 低形成

造血

加齢変化

  • 6歳以後は加齢とともに脂肪化が進み、黄色骨髄が増加
  • 長管骨の末端から黄色骨髄に置換されていく。成人では脊椎骨、胸骨、肋骨などで造血が起こる
  • 乏血、低酸素状態では黄色骨髄が赤色骨髄に置換され、造血ができるようになる。


細胞」

  [★]

cell
cellula







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡