骨髄低形成

出典: meddic

marrow hypoplasia, bone marrow hypoplasia
骨髄過形成



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例 深部静脈血栓症に伴った難治性下腿潰瘍--骨髄低形成を合併した1例
  • 上原 顕仁,菅原 伸幸,長谷川 道子 [他]
  • 皮膚科の臨床 52(9), 1281-1284, 2010-09
  • NAID 40017288961
  • 貧血,骨髄低形成のコントロール (特集 骨髄性白血病--病因・治療研究の進歩) -- (合併症のコントロール)
  • 横山 寿行,張替 秀郎
  • 日本臨床 67(10), 1974-1977, 2009-10
  • NAID 40016836155

関連リンク

... が見られる. 骨髄異形成症候群(こつずいいけいせいしょうこうぐん、myelodysplastic syndromes; MDS)とは骨髄機能の異常によって前白血病状態となり、造血障害を 起こす症候群。 ... 異常クローンが骨髄を占拠する結果として骨髄は過形成になるが、 アポトーシスが亢進しているので血球減少をおこす。 ... 一部低形成が見られるものも ある。 ...

関連画像

拡大): 骨髄は非常に低形成 これが骨髄穿刺の跡好中球ではペルオキシダーゼ 骨髄異形成症候群の骨髄検査で


★リンクテーブル★
国試過去問098D034
リンク元骨髄正形成
関連記事骨髄」「形成」「低形成

098D034」

  [★]

  • 66歳の男性。発熱と意識障害とのため来院し、直ちに入院した。
  • 1週前から37℃台の発熱が続き、昨日から家族との会話に支障をきたすようになった。2か月前に冠動脈狭窄に対して冠動脈ステント留置術を受けた。その後、再狭窄予防のため抗血小板薬の投与を受けていた。
  • 呼びかけに応じるが話す内容にまとまりがない。体温38.2℃。脈拍112/分、整。血圧130/86mmHg。眼瞼結膜は蒼白で眼球結膜に黄染を認める。
  • 血液所見:赤血球270万、Hb7.8g/dl、Ht25%、網赤血球56‰、白血球6,700、血小板3万。末梢血塗抹May-Giemsa染色標本を以下に示す。
  • 考えられる検査所見はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 098D033]←[国試_098]→[098D035

骨髄正形成」

  [★]

骨髄正形成骨髄低形成 低形成骨髄 hypoplastic marrow、過形成性骨髄 hyperplastic bone marrow


骨髄」

  [★]

bone marrow (Z)
medulla ossium
骨髄組織
  • 髄腔を埋めるように存在

分類

性状

細胞成分の過少

  • 過形成
  • 正形成
  • 低形成

造血

加齢変化

  • 6歳以後は加齢とともに脂肪化が進み、黄色骨髄が増加
  • 長管骨の末端から黄色骨髄に置換されていく。成人では脊椎骨、胸骨、肋骨などで造血が起こる
  • 乏血、低酸素状態では黄色骨髄が赤色骨髄に置換され、造血ができるようになる。


形成」

  [★]

形式形態構造組成品種編成フォーム成立形づくる


低形成」

  [★]

hypoplasia
形成不全発育不全





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡