骨膜下顔面除皺術

出典: meddic

関連リンク

IV. 内視鏡下前頭部除皺術 1. 内視鏡下除皺術における論点 剥離層、固定法に関しては数多くの報告があります。 1) 剥離層 剥離層は骨膜下(subperiosteal approach)と帽状腱膜下(subgaleal approach)の2つが考えられます。通常は ...
頬部における除皺術はSMASを利用した下顔面のリフト(顎(あご)のライン~、頚部(首)のリフト)と鼻唇溝上部から頬部内側の中顔面リフトに分けられます。 通常両部位はface lift として同時に手術されますが、中顔面においてはSMASの発達が ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事骨膜」「」「膜下」「顔面

骨膜」

  [★]

periosteum (M)


  • 頭蓋骨の外面を覆う骨膜は特に頭蓋骨膜とよばれる、と思う (M.474)


術」

  [★]

surgery
外科外科学手術外科術外科手術


膜下」

  [★]

submembranous
偽膜性


顔面」

  [★]

face





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡