骨端板

出典: meddic

epiphysial plate (M), epiphyseal plate (N)
  • 長骨が成長する際、軟骨の骨端板が骨幹と骨端の間に介在する (M)
  • 最終的には骨端線を生じる

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/07/03 10:01:49」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ダックスフントのいわゆる"内反足"例に対する横断-開放楔形骨切り術とβリン酸カルシウム製人工骨移植, T プレート固定法を用いた軸修正(短報)(外科学)
  • 泉澤 康晴,瀬野 貴弘,安倍 玲央奈,三好 健二郎,前原 誠也,若生 晋輔,久代 李子,ウマル モハメド アハメッド,都築 圭子,山下 和人,林 茂
  • The journal of veterinary medical science 67(4), 437-440, 2005-04-25
  • … 脛骨遠位骨端板の不均性閉鎖に起因する内反足により, 膝蓋骨外方脱臼と跛行を示したミニチュアダックスフント2症例に対し外科的な軸修正を行った.脛骨遠位内側で横断-開放楔形骨切り術を行い, その間にβリン酸カルシウム製骨補填剤を挿入し, 獣医用1.5/2.0-mm Tプレートにより固定した.2症例とも手術後数日で歩行が可能となり, およそ1ヶ月後には膝蓋骨の外方脱臼は改善した.インプラントの変位はなく, 人工骨は約2 …
  • NAID 110003963747
  • 077E31109 発育に伴うラット脛骨骨端板の構造変化
  • 金子 元彦,中村 千秋,大迫 正文
  • 日本体育学会大会号 (52), 437, 2001-08-10
  • NAID 110001939708

関連リンク

栄養・生化学辞典 - 骨端成長板の用語解説 - 骨端部成長板,骨端板,骨端軟骨ともいう.長骨の先端部分にあって骨が成長している部分.板状の組織を形成していることからいう.
に存在する。骨端板(epiphyseal plate、成長板)、骨 端(epiphysis、関節面)、骨突起(apophyseal)の付 着部(腱の付着部)(図10.3参照)である。身体の長 骨は、それぞれの骨の端にある骨端板から成長して伸 びる。通常 ...

関連画像

骨端板、あるいは成長板と 骨端板、あるいは成長板と 図1 球節の骨端板の位置(左 o0800107111553719144.jpg



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡