骨盤輪骨折

出典: meddic

pelvic ring fracture
骨盤骨折

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 骨盤骨折(骨盤輪骨折と寛骨臼骨折) (特集 拡大版 新人ナースこれだけ知ってたらなんとかなる! 整形外科疾患 早わかり図鑑(下肢編)) -- (股関節)
  • 速水 宏樹,杉本 一郎
  • 整形外科看護 : 整形外科ナースの知識と実践力アップをサポートする 17(5), 464-467, 2012-05
  • NAID 40019307899
  • 骨盤輪骨折における経カテーテル的動脈塞栓術(TAE)症例の検討
  • 山下 寿,吉田 健治,後藤 琢也,坂井 健介
  • 骨折 33(2), 346-351, 2011-05-25
  • NAID 10029543483

関連リンク

診断 大きく分けて、寛骨臼(かんこつきゅう)骨折と骨盤輪(こつばんりん)骨折の2種類の骨盤骨折があります。股関節は、骨盤側の寛骨臼と大腿骨側の大腿骨頭の2つの関節面が接してできています。つまり寛骨臼骨折とは ...
12骨盤骨折 (1)病態 骨盤といえば、上・下肢の骨折に伴う骨移植に腸骨の一部を骨採取しますから、何か大きな余分な骨と認識している被害者が多いものです。 見舞いの友人も、骨盤骨折で済んでよかったね!そんな認識が ...

関連画像

骨盤輪骨折骨盤骨折の分類 (fig。2)骨盤輪骨折骨盤骨折骨盤輪骨折骨盤輪骨折


★リンクテーブル★
先読み骨盤骨折
関連記事骨折」「骨盤」「骨盤輪

骨盤骨折」

  [★]

pelvic fracture
fractura pelvis
骨盤骨折
研修医当直御法度 第5版 p.204

骨盤の単独骨折 (SOR.680)

  • 裂離骨折 avulsion fracture
  • 筋起始部が脆弱で骨単核の融合する直前、すなわち中高生の年齢に好発
  • 縫工筋  -上前腸骨棘骨折
  • 大腿直筋 -下前腸骨棘骨折
  • 大腿二頭筋-坐骨結節骨折

骨盤輪の骨折と脱臼 (SOR.681)

  • 恥骨骨折坐骨骨折:骨盤骨折の中で最も多く35-50%を占める
  • 恥骨結合離開:
  • 腸骨垂直骨折
  • 骨盤輪二重骨折
  • 跨坐骨折
  • マルゲーニュ骨折

SLE.127

  • 骨盤半側骨折。恥骨結合離開、恥骨弓骨折、腸仙骨関節離開、腸骨翼骨折、仙骨骨折などが発生し、前方骨盤環と後方骨盤環の連続性が立たれた状態。
  • 高度の後腹膜血腫(2000-3000ml)、骨盤臓器損傷を合併することが多く、重症。

重度の骨盤の多発骨折 SOR.682-683

合併症

  • 出血性ショック
  • 臓器障害
  • 前方骨盤輪骨折による膀胱・尿道の損傷が重要。10%の骨盤骨折にみられ、損傷を合併した例の死亡率は5-10%。
  • 初診時に自力排尿が可能で尿中に出血を認めない場合以外には、カテーテルの挿入を試みて尿路損傷・出血の有無を確認しなければならない。無理に施行すると損傷を拡大することがあるので慎重に行う。
  • 外尿道口に血液が認められている場合には尿道損傷が疑われる。

治療

YN.L41

血圧低下と共に尿量が減少したら、まず輸血をおこなう
  • 1. 輸液、輸血
  • 2. シーツパッキング、サムスリング
  • 3. 動脈塞栓術
  • 4. 骨盤創外固定
  • 5. カンパス牽引



骨折」

  [★]

fracture

高齢者における骨折の好発部位

参考1

多い

  • 上腕骨頚部:転倒して手を伸ばしてついた、直接方外側を打った場合に外科頚骨折しやすい。特に高齢者、特に女性に多い。
  • 橈骨遠位部:コーレス骨折(Colles骨折)は10歳前後の小児と骨粗鬆症を有する老人に多い。
  • 椎骨(椎体圧迫骨折):骨粗鬆症を生じている女性に多い。
  • 大腿骨頚部

やや多い

  • 肋骨
  • 上腕骨遠位部
  • 坐骨?
  • 大腿骨遠位部
  • 脛骨近位部
  • 脛骨位部

小児の骨折

小児骨折

骨折による骨癒合しにくい部位

血流が乏しいことによる
  • 大腿骨頚部内側骨折、手根骨舟状骨骨折、脛骨中下1/3骨折、距骨骨折

骨折による出血量

SOR.631
  • 開放骨折の場合には2倍の出血量が予想される。
骨盤骨折 1000-5000ml
大腿骨骨折 500-1000ml
脛骨骨折 500ml
上腕骨骨折 350ml

診察

  • 1. 皮下骨折/開放骨折
  • 2. 血管損傷の有無
  • 3. 末梢神経損傷の有無
  • 4. 軟部組織の損傷
  • 5. 受傷部位周辺臓器の損傷
  • 6. 受傷後の時間経過

参考

  • 1. 高齢者の転倒障害
http://www.biomech.mech.nagoya-u.ac.jp/iplweb/impact_bio/pdf/1st/Harada.pdf




骨盤」

  [★]

pelvis (Z)
小骨盤


  • N.340-341,342(性差) KA.435(性差, 上面)

血管分布

動脈

  1. 内腸骨動脈
  2. 卵巣動脈
  3. 正中仙骨動脈
  4. 上直腸動脈

静脈

  1. 内腸骨静脈
  2. 卵巣静脈精巣静脈
  3. 正中仙骨静脈
  4. 上直腸静脈
  5. 内椎骨静脈叢


骨盤輪」

  [★]

pelvic ring
骨盤




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡