骨盤筋膜腱弓

出典: meddic

tendinous arch of pelvic fascia
arcus tendineus fasciae pelvis



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

構造は分娩による外傷を最も受けやすい組織である.内骨盤筋膜の両翼は内骨盤筋膜腱弓 となり骨盤側壁に付着する構造となる.図3のようにRichardsonはこの筋膜構造におい て側方型,横断型,正中型,遠位型の4つの欠損部位の存在 ...
陰・直腸をハンモック様に吊り上げて、恥骨から両側坐骨棘に延びる骨盤筋膜 腱弓に付着して支持されるという理論である。レベル1 では、子宮頸部と腟上 部は仙骨子宮靱帯・基靭帯複合体により仙骨方向(頭背側)に挙上される。レ ...

関連画像

女性泌尿器科百科(9)骨盤 ハンモックの面をきれいに張る


★リンクテーブル★
リンク元肛門挙筋腱弓
関連記事骨盤」「筋膜」「骨盤筋膜

肛門挙筋腱弓」

  [★]

tendinous arch of levator ani (K), tendinous arch of levator ani muscle (N)
骨盤筋膜腱弓


骨盤」

  [★]

pelvis (Z)
小骨盤


  • N.340-341,342(性差) KA.435(性差, 上面)

血管分布

動脈

  1. 内腸骨動脈
  2. 卵巣動脈
  3. 正中仙骨動脈
  4. 上直腸動脈

静脈

  1. 内腸骨静脈
  2. 卵巣静脈精巣静脈
  3. 正中仙骨静脈
  4. 上直腸静脈
  5. 内椎骨静脈叢



筋膜」

  [★]

fascia (KL)
  • 筋の表面を包む結合組織膜で、筋を保護すると共に、筋収縮の際、接する筋との間に摩擦が起こらないようにし、運動を円滑にする(KL.16)


骨盤筋膜」

  [★]

pelvic fascia (M)
fascia pelvis
骨盤腔
  • 会陰の膜と筋性の骨盤壁・床との間の空間で、骨盤内臓以外全ての部分を占める結合組織





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡