骨形成性転移

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 前立腺がん骨形成性転移機構の解明
  • 落合 淳志
  • 西日本泌尿器科 65(8), 481-490, 2003-08-20
  • NAID 10020411218

関連リンク

転移性骨腫瘍. metastatic bone tumor; 概念; 骨悪性腫瘍で最多: 癌死亡者の半分は 骨転移を合併; 脊椎転移が最も多く、他に骨盤、 ... 肺癌, 20%, 約15%は骨形成型 ... 転移性脊椎腫瘍の場合は、脊髄圧迫症状の軽減の目的で椎弓切除術、脊椎固定術 ...
X線写真上、骨に腫瘍細胞が浸潤し、局所において破骨細胞刺激因子の働きが強い 場合溶骨性転移として、骨形生が上回る場合は造骨性転移として認め ... bone remodeling(骨代謝)---破骨細胞による骨吸収と骨芽細胞による骨形成をもとにした骨 の新鮮化 ...

関連画像

悪性骨腫瘍」骨転移の転移経路による分類 Jaw Bone Cyst転移性脊椎腫瘍


★リンクテーブル★
関連記事転移」「形成」「形成性」「骨形成

転移」

  [★]

腫瘍の転移

metastasis
metastatic potentialskip metastasismetastatic disease


原発 転移
リンパ節が最多。肝臓、胸膜、対側肺、副腎、心膜、骨(肋骨、椎骨)、大脳(圧迫症状出現)
遠隔転移:肺内>骨>脳>肝>副腎
小細胞癌が最も転移しやすい。
分化型:血行性に肝臓、未分化型:腹膜播種
大腸 肝臓、肺
卵巣 腹腔内播種、リンパ性転移(後腹膜)。血行性は希
腎臓 肺>骨>肝。副腎もありうる。能は多くない。
骨肉腫 肺>骨
発見時に10-20%の症例で肺転移。
  • 転移性脳腫瘍は原発巣が肺であることが最も多い、らしい。
  • 転移性の硬膜外腫瘍は原発巣が肺癌>乳癌>リンパ腫



精神医学

transference
感情転移

分子遺伝学の転移(トランスポゾン)

transposition



形成」

  [★]

形式形態構造組成品種編成フォーム成立形づくる


形成性」

  [★]

plasticformativetectonic
可塑性可塑的可塑物プラスチック


骨形成」

  [★]

ossification
骨化骨発生 osteogenesis
異所性骨化





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡