骨幹端異形成症

出典: meddic

metaphyseal dysplasia
骨幹端異形成


metaphyseal dysplasia

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 頭蓋骨幹端異形成症(CMD)の一例HANK遺伝子変異と進行性骨硬化に対するEHDPの使用経験
  • 小倉 恵利子,片岡 京子,長谷川 高誠,上田 晃三,難波 範行,山中 良孝,井上 勝,田中 弘之,清野 佳紀
  • 日本骨形態計測学会雑誌 = Journal of Japanese Society of Bone Morphometry 13(3), 58, 2003-12-30
  • NAID 10013675399
  • 脊椎・骨幹端異形成症

関連リンク

脊椎骨端異形成症。脊椎骨端異形成症とはどんな病気か 脊椎と管状骨骨端に異形成を起こす骨系統疾患の総称であり、II型コラーゲンの変異が原因です。発生頻度は約10万人に1人です。症状の現れ方と検査 胴体が短いタイプ ...
骨幹端軟骨異形成症† 一部の型では吸収不良,好中球減少,胸腺リンパ球減少 ARまたはAD 200 多発性骨端異形成症 軽度の低身長症,正常な脊椎と顔貌,ときに短く太い指,股関節異形成(しばしば最初の症状);極めて異質 AD ...

関連画像

伴う 脊椎骨 端 骨幹 端 異形 成 Multiple Epiphyseal Dysplasia疾患詳細 骨幹 端 異形 成 症 i 型 semd jl1


★リンクテーブル★
リンク元骨幹端異形成」「metaphyseal dysplasia
関連記事異形成」「形成」「異形」「」「異形成症

骨幹端異形成」

  [★]

metaphyseal dysplasia
骨幹端異形成症


metaphyseal dysplasia」

  [★]

骨幹端異形成症骨幹端異形成


異形成」

  [★]

dysplasia
ディスプラジー形成異常形成異常症
異型上皮
  • 細胞の大きさ、形状、配列、核の形状が星状細胞と異なることを表現し、前癌状態と捉えることが多い



形成」

  [★]

形式形態構造組成品種編成フォーム成立形づくる


異形」

  [★]

variationheteromorphyheteromorphic
変異変化変動変分異形性差異バリエーション


症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態


異形成症」

  [★]

dysplasia
異形成形成異常




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡