駆梅療法

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 駆梅療法を行い, 長期間経過観察を行った内耳梅毒症例
  • 橋本 誠,菅原 一真,広瀬 敬信,下郡 博明,御厨 剛史,山下 裕司
  • Audiology Japan 51(5), 501-502, 2008-09-05
  • NAID 10025595548

関連リンク

抗生物質療法のほか、進行麻痺や脊髄癆に対する発熱療法(マラリア血液やワクチン 注射による発熱)など、いろいろの駆梅療法 ... 原因 梅毒感染後2年以内に、初めての 神経症状としてあらわれるもので、多くは不完全な駆梅療法で潜伏していた梅毒が活動 し ...
2010年3月3日 ... この男性に駆梅療法をおこなったところ、その翌日より感冒様症状が発現し、発熱(38℃ )、全身倦怠感さらにその3日後に ... これはいわゆる駆梅療法によるJarisch- Herxheimer(ヤーリッシュ・ヘルクスハイマー)現象か、あるいは薬疹が考え ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事」「療法

法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


療法」

  [★]

therapyregimencureremedytherapeutic





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡