香港かぜ

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/03/14 23:51:39」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • わが国における第二次世界大戦後のインフルエンザによる超過死亡の推定 パンデミックおよび予防接種制度との関連
  • 逢見 憲一,丸井 英二
  • 日本公衆衛生雑誌 58(10), 867-878, 2011
  • … <br/> アジアかぜ,香港かぜ,ソ連かぜを合わせたパンデミック期 6 期分の超過死亡数は95,904人,それ以外の非パンデミック期51期分は591,376人とパンデミック期の約 6 倍であった。 … <br/> アジアかぜ,香港かぜパンデミック開始時には,超過死亡に占める65歳未満の割合が増大していた。 …
  • NAID 130004626300
  • 疫学 香港かぜ大流行(l968〜1970年)とブタ由来新型インフルエンザ
  • 公衆衛生からみたインフルエンザ対策と社会防衛 -19世紀末から21世紀初頭にかけてのわが国の経験より-
  • 逢見 憲一
  • 保健医療科学 58(3), 236-247, 2009-09
  • … ぜ"パンデミックに匹敵するものであった."スペインかぜ"以前の時期に比べて,"スペインかぜ"以後は年平均で約10倍の超過死亡がみられた."スペインかぜ"以後の1921年から1938年の超過死亡数の合計は,"スペインかぜ"流行期の超過死亡数の合計に匹敵するものであった.1952年から1974年までの間,アジアかぜと香港かぜのパンデミックを除いた非パンデミック期の超過死亡の総数は,両パンデミック期を合わせた超過死亡数の35. …
  • NAID 110009848604

関連リンク

インフルエンザ香港かぜとは、中国で発生し、1968年6月に香港で流行を始め、翌年に世界中で流行したインフルエンザです。 同年8月に台湾とシンガポール、その他の東南アジアへと広がりをみせました。 インフルエンザ香港かぜは、9 ...
ホンコンかぜ【香港風邪】とは。意味や解説、類語。1968年に香港で発生し、翌年にかけて世界中で流行したインフルエンザ。発生源となった香港では数週間で50万人が罹患 (りかん) するなど、爆発的な流行をみせた。 - goo国語辞書は27 ...

関連画像

近鉄「しまかぜ」京都~賢島間  された近鉄50000系「しまかぜ新書マップ | 本  ぜ、アジアかぜ、香港かぜ新型インフルエンザ誕生の View more photos and videos


★リンクテーブル★
関連記事

港」

  [★]

harbor、((英))harbour
宿すかくまう抱える内部に持つ



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡