香月牛山

出典: meddic

和文文献

  • 香月牛山の墓跡
  • 江戸元禄時代の子育て : 香月牛山の著した小児必用養育草(第4回・最終回)乳幼児の育て方
  • 谷原 政江,富田 早苗,關戸 啓子
  • 小児看護 35(4), 514-517, 2012-04
  • NAID 40019186444

関連リンク

朝日日本歴史人物事典 香月牛山の用語解説 - 江戸中期の医者。名は則真,字は啓益, 牛山は号。貞庵,被髪翁とも号す。豊前国(福岡県)中津の人。のち筑前に移り,貝原益軒 に儒学を,鶴原玄益に医学を学んだ。中津藩の医官として仕えたが,これを辞し京都に出 ...
香月牛山は京都および福岡県小倉で活躍した、江戸中期の後世派の第一人者です。 1656. 年(明暦 2)、筑前国遠賀郡、すなわち ... わたり香月城主として続いた家柄でした が、牛山より4代前の代に小早川隆景に征せられ. ました。その後は代々百姓として家を ...

関連画像

Amazonプライム会員に適用。注文 を楽しむ江戸の知恵|香月牛山  養生を普及した香月牛山先生字弁集・香月牛山著・ 内藤



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡