香川労災病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

目次

病院名

  • 香川労災病院

url

理念

  • 働く人々や地域の人々に安全で安心のより良い医療と看護を提供します。

住所

  • 763-8502 丸亀市城東町三丁目3番1号

診療の特徴、実績

  • 香川労災病院は、香川県中讃地域の基幹病院として、16診療科、病床数394床(ICU6床含む)を有しており、急性期・救急医療・地域医療の提供に力を注いでいます。1.主な診療の特徴(1)最新・高度な労災医療(高圧治療施設、振動障害センター、アスベスト疾患センターの設置)(2)救命救急医療(ICU6床を設置しており、24時間体制での救命救急医療を実施)(3)地域医療支援病院(医師会との医療連携協定や地域連携パスの推進等)(4)地域がん診療連携拠点病院(がん疾患の集学的な治療等)(5)職業性疾病の予防活動(積極的な健診活動並びに職業性疾病の早期発見や予防活動を実施)(6)リハビリテーションにおける先駆的役割(中讃地区の地域リハビリテーションセンターとして、香川県の中心的な役割)2.主な医療機器MRI撮影装置(1.5T)、全身用CT撮影装置(64列マルチスライス)、シングルフォトンエミッションCT(SPECT)、乳房撮影装置、体外衝撃波結石破砕装置、心臓専用血管撮影装置、心臓・頭部・腹部・四肢血管撮影装置、ガンマカメラ、デジタルX線TV撮影装置、リニアック、骨塩定量測定装置、超音波断層装置、高気圧酸素治療器3.主な指定関係日本病院機能評価機構認定病院、地域がん診療連携病院拠点病院、地域医療支援病院、へき地医療支援病院、電子カルテ導入、DPC対象病院

電子カルテ

  • 有り

一日平均入院患者数

  • 360.7人

一日平均外来患者数

  • 1,069.4人

平均在院日数(一般/精神)

  • 15.5日/0.0日

年間分娩件数

  • 194件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 10件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/6回

当院の救急医療の特徴

  • 当院は香川県中讃地区(人口約20万人)における中核病院であり、24時間の救急診療を基本として、1次kら2.5次まで幅広く救急患者を受け入れており、年間の救急患者は9,824名で、3,346名が救急車により搬送され、内1,618名が入院となっている。所在する丸亀市に限らず、近隣の消防署からの搬送が21.4%を占めるなど、幅広い臨床経験を積める急性期病院です。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 全診療科

一日平均救急外来患者数

  • 26.9人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 9.2人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 57人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 0回

当直手当

  • 無し

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 3人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • ~人

勤務体制

  • 希望により当直研修可能(実働時間を時間外手当にて支給)

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 香川労災病院における臨床研修では、研修医に広範囲な領域での研修を提供し、プライマリ・ケアの現場において必要とされる診療能力を身につけることを中心にしています。医療は医学と異なり、病気を治療するだけでなく、患者という一人の人格と向き合い、患者の期待に十分応えることのできる医師の育成が重要と考えています。将来、専門医や臨床研究を目指す医師には、各診療科における高度な医療に触れることで、進路目標を決定するために必要な知識や医療技術を学ぶことも可能です。効率的で円滑な医療の遂行には、異なる職種間の連携が必要です。研修医も医師として、チーム医療における役割を求められます。そのためには病院胃おける組織、田職種を含めた役割分担を以下意志、指導医のもとで入院。外来を含めた病院機能、保険診療の在り方、病院を取り巻く地域医療、病診連携といった、患者を中心とした医療展開についての認識を深め、また、社会人としても信頼される人間性を磨いていく意欲に燃える研修医が求められます。当院は、香川県の中讃地域における中核病院であり、連日多くの救急患者が来院し、救急車の搬送も多いことから救急診療についての十分な研修を指導医の元で受けることができます。多くの研修医が参加してくれることを希望します。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 当院は、香川県の中讃地域の急性期医療を担っている中核病院で、地域がん診療連携拠点病院、地域医療支援病院、へき地医療支援病院に指定されています。当院を研修先として選んだ理由は、症例の種類や数が豊富で様々な手技等を経験できると思ったことと、選択期間が他の病院と比較して長いため、将来をじっくり考えることができると思ったことです。実際に当院の研修は様々な手技を経験させてもらえ、1対1指導体制のため、指導医も熱心に指導してくれます。また、1年次には各科指導医による救急疾患を中心とした講義も行われ、研修する診療科はもちろんですが、それ以外の診療科の講義も組み込まれています。また、CPCなどの発表なども活発に行われており、教育面においても充実していると思います。「百聞は一見にしかず」一度病院見学に来てみませんか?私は病院見学をしてここに決めました。

和文文献

  • 橈骨遠位端骨折に対する掌側ロッキングプレートを用いた早期手術群と待機手術群の機能予後の比較検討
  • P2-18-9 性索間質性腫瘍48例の検討(Group 59 卵巣腫瘍 症例検討1,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第67回学術講演会)

関連リンク

関連画像

健康福祉機構香川労災病院 香川労災病院が救急棟増築へ 香川労災病院>病院情報 - 看護 香川労災病院情報ページ|香川



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡