飽和分析法

出典: meddic

saturation analysis
  • RIで標識した物質をある物質(不飽和状態の物質)に結合させることで飽和状態にし、RIの定量を行うことである物質の結合余剰状態を分析する方法。
  • T3レジン摂取率、不飽和鉄結合能などの解析に用いられている。



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 核医学インビトロ検査の 30 年 : 腫瘍マーカーを中心に
  • 高坂 唯子
  • 日本放射線技術學會雜誌 46(12), 1867-1879, 1990-12-01
  • … 核医学インビトロ検査30年の概略を述べるとともに, 最近注目されている腫瘍マーカーについて若干の知見を述べた.T_3レジン摂取率検査(飽和分析法)に始まった核医学インビトロ検査は, 新しい測定方法の開発とあいまって, 次々に測定対象を広げ, 現在, 非常に多くの物質の測定が可能となっている.モノクローナル抗体の手法が確立されてからは特に腫瘍マーカーの領域の進歩が著しい.しかし, 多くの腫瘍マーカーが測 …
  • NAID 110003463000

関連リンク

弊財団では,トランス脂肪酸,飽和脂肪酸及びコレステロールの3項目を同時にご依頼 いただいた場合は,ご利用しやすいセット料金を ... 分析方法, トランス脂肪酸 :参考文献 AOCS Ce 1h-05(消費者庁の指針 別表2の試験方法), AOAC 996.06(同別表3の ...
脂肪酸分析. その他の分析事例はこちら. 各種脂質について脂肪酸組成をメタノリシス(( 酸もしくはアルカリによるトランスエステル化 ... GC/MSによる定性分析が可能(cis/trans, 不飽和結合位置などの解析も可能) ... 本事例における「分析機能と原理」: ガス クロマトグラフィー(Gas Chromatography:GC) · 液体クロマトグラフィー質量分析法 ( Liquid ...

関連画像

 新規高性能融解曲線分析法 の添加剤におけるCVS分析の原理 パッケージ添加剤の分離分析法 でピークの飽和したスペクトル食品中の亜硝酸イオンの分析FTIR測定法のイロハ -正反射法


★リンクテーブル★
先読み不飽和鉄結合能
関連記事分析」「」「分析法

不飽和鉄結合能」

  [★]

unsaturated iron binding capacity, UIBC
総鉄結合能 TIBC
  • 鉄結合していないトランスフェリンの量を結合可能な鉄量で表した値
  • 検体の血清の「予備的な鉄結合能」
  • 鉄を結合していないトランスフェリンの量に比例し、これらに鉄結合を飽和させたとき、結合しうる鉄の量を示す。(厳密には一致しない)

定義

  • 減少:鉄を結合しているトランスフェリンが増加 or トランスフェリンが減少
  • 増加:鉄を結合しているトランスフェリンが減少 or トランスフェリンが増加

基準値

  • M:170-250 ug/dl (LAB)
  • F:180-270 ug/dl (LAB)



分析」

  [★]

analysisanalysesassayanalyzeanalysedissectanalyticalanal
アッセイ解体解剖検定検定法肛門、試験法、精査測定法定量分析法分析用解析アッセイ法解析法


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


分析法」

  [★]

analysisanalyses、(suf)-metry
測定法分析解析定量法解析法




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡