飛び石状病変

出典: meddic

-非連続性病変


関連リンク

TL1Aは腸管の炎症に関連しているサイトカインで、クローン病の病変部での発現が増加 していることがわかっているが、これと遺伝子多型との関連についてはいまだ不明である 。 2007年、 ... 飛び石状病変:潰瘍性大腸炎とは異なり非連続性に病変を認める。
クローン病とは、口腔から肛門までのすべての消化管に、非連続的(飛び石状)に潰瘍 や肉芽腫などの病変ができる慢性の炎症性腸疾患で、10歳代から20歳代にかけて 発病することが多く、原因はまだはっきりしていませんが、遺伝や免疫との関係が深いと  ...

関連画像

注腸X線造影検査 飛び石 状 に 多発 して おり抗体製剤でクローン病が劇的に Feline sporotrichosis 4.jpgQ17. 食道裂孔ヘルニアでなぜ胃


★リンクテーブル★
リンク元スキップ病変
関連記事病変

スキップ病変」

  [★]

飛び石状病変


病変」

  [★]

lesion
障害傷害破壊





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡