類瘢痕脳型肝脳疾患

出典: meddic

和文文献

  • 高NH3血症,低γグロブリン血症と脳紫斑症を呈した類瘢痕脳型肝脳疾患の1例(松沢病院臨床病理検討会記録-8-)
  • 類瘢痕脳型肝脳疾患 (神経・筋疾患のトピックス(特集)) -- (脳・その他)

関連リンク

記事「類瘢痕型肝脳疾患」に関する感想・その他のコメントはこちらで。 記事の編集に関わる議論・質問は「類瘢痕型肝脳疾患」の掲示板でお願いします。
I.はじめに 肝臓と脳とが同一疾病過程において共に障害されるいわゆるWilson病が1912年に発表された。その後わが国において,1950年猪瀬1)による肝脳変性疾患特殊型,1962年白木ら2)による,肝脳疾患類瘢痕脳型が発表されたが ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事疾患」「脳疾患」「肝脳疾患」「瘢痕

疾患」

  [★]

disease, disorder, disturbance, illness, sickness, malady
疾病病気
疾病障害乱れ無秩序病害病気病弊



脳疾患」

  [★]

encephalopathybrain diseaseencephalopathia
脳症脳障害、変性脳疾患、脳病理


肝脳疾患」

  [★]

hepatocerebral disease
肝脳症候群 hepatocerebral syndrome
肝性脳症


瘢痕」

  [★]

scarringscarcicatrix
cicatrix
傷跡





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡