顔面浮腫

出典: meddic

face edema

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 両側腕頭静脈狭窄症に対し経皮的血管形成術が奏功した1例
  • 樋口 輝美,水野 真理,高崎 智也,上田 寛朗,石田 恵美子,中島 葉子,北村 卓也,志村 暁人,瀬戸口 晴美,榎本 伸一,北井 真希,大川 恵里奈,山崎 俊男,知久 正明,斎藤 穎,安藤 英之
  • 日本透析医学会雑誌 44(6), 589-594, 2011
  • … 受けていたが,2007年7月頃より左上肢の浮腫が出現し,症状増悪したため,静脈高血圧症の診断にて2008年1月内シャント閉鎖術を施行され,同時に右前腕に新たに内シャントを作製された.その後,高度の顔面浮腫と右上肢の腫脹が出現し,シャント管理を含め2010年3月当院紹介転院となる.転院後,著しい顔面と上肢の腫脹を認め,頸部から前胸部にかけて高度の側副血行路の出現と,頭重感,鼻閉感などを訴えた.2 …
  • NAID 130001014102
  • 長期経過後に遺伝性血管性浮腫と診断された反復性咽喉頭顔面浮腫
  • 細川 清人,伊東 真人,花本 敦,滝本 泰光
  • 耳鼻咽喉科臨床 103(9), 851-857, 2010-09-01
  • The autosomal dominant disorder hereditary angioedema (HAE) causes recurrent subcutaneous or submucosal edema at any body site due to trauma, mental or physical stress, infection, or cold stimulation, …
  • NAID 10026584047
  • 血漿交換療法が奏効した巣状分節性糸球体硬化症の1例
  • 大塚 泰史,岡 政史,酒井 菜那,佐藤 忠司,青木 茂久,濱崎 雄平
  • 日本小児腎臓病学会雑誌 = Japanese journal of pediatric nephrology 23(1), 47-52, 2010-04-15
  • 顔面浮腫,蛋白尿4+,低蛋白血症 (TP4.8g/dl,Alb2.3g/dl) があり,ネフローゼ症候群と診断された。 …
  • NAID 10026412157

関連リンク

2002年4月5日 ... このため甲状腺機能低下になる人は高齢者に多くみられます甲状腺ホルモンは身体の 新陳代謝に関係するホルモンで、不足すると、皮膚の乾燥、体重増加、顔面浮腫、 無気力、行動力低下、体温の低下、便秘、過多月経、コレステロールの ...
顔、顔面、顔面神経へ. 【クインケ浮腫】 全く原因不明に突然口や唇、目などの周りの 局所性浮腫(むくみ)がおこる状態で、 アレルギーと言われていますが原因なしにおこる 場合がほとんどです。放置していても数時間くらいでまた戻ります。また全身疾患がない ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。
リンゴ病(伝染性紅斑)クインケの浮腫1.jpg治療後と比較すると症例とは 顔面に浮腫があると表現顔面の紅斑、浮腫図1:DIHS患者の背部の一部紫斑


★リンクテーブル★
国試過去問109E058」「104G046」「104D043」「111C016」「101G015」「106E027」「095F016」「101C015」「103H003」「105A011」「102G008
関連記事浮腫」「」「顔面

109E058」

  [★]

  • 58歳の男性。右上肢麻痺を主訴に来院した。3か月前から右上肢の疼痛としびれがあり、複数の医療機関を受診したが診断に至らなかった。1か月前から右上肢麻痺が現れ次第に悪化したため自宅近くの診療所を受診し、胸部エックス線写真で異常陰影を指摘されたため紹介されて受診した。既往歴に特記すべきことはない。喫煙は30本/日を37年間。意識は清明。身長 165cm、体重 62kg。体温 36.6℃。脈拍 72/分、整。血圧 130/102mmHg。呼吸数 14/分。SpO2 98%(room air)。持参した胸部エックス線写真(別冊No. 11A)と胸部造影CT(別冊No. 11B、C)とを別に示す。
  • この患者の身体所見として考えられるのはどれか。3つ選べ。




[正答]


※国試ナビ4※ 109E057]←[国試_109]→[109E059

104G046」

  [★]

  • 47歳の男性。左上背部痛を主訴に来院した。喫煙は20本/日を25年間。身長 170cm、体重 68kg。脈拍 88/分、整。血圧 130/90mmHg。血液生化学所見:AST 30IU/I、ALT 26IU/l、LD 300IU/l(基準176-353)。免疫学所見: CRP 1.0mg/dl、CEA 15ng/ml(基準5以下)。胸部エックス線写真(別冊No.6A)と胸部造影CT(別冊No.6B)とを別に示す。
  • 症候としてみられるのはどれか。2つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 104G045]←[国試_104]→[104G047

104D043」

  [★]

  • 75歳の女性。意識障害で搬入された。夫との朝食前の散歩中に動悸を訴え、間もなく意識が混濁したという。1年前に糖尿病と診断され、食事療法、運動療法およびスルホニル尿素薬で治療中である。最近のHbA1c値は5.8%である。意識は傾眠状態。体温36.2℃。呼吸数18/分。脈拍92/分、整。血圧170/90mmHg。明らかな麻痺を認めない。
  • この病態でみられるのはどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 104D042]←[国試_104]→[104D044

111C016」

  [★]

  • 65歳の男性。胸部エックス線写真で異常陰影を認める。胸部CTで左上葉の径5cmの腫瘤を認め、大動脈下リンパ節は径6cmに腫大している。気管支鏡検査で左上葉の腫瘤は肺小細胞癌と診断された。
  • みられる可能性が高い症候はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 111C015]←[国試_111]→[111C017

101G015」

  [★]

  • 47歳の男性。左上背部痛を主訴に来院した。喫煙20本/日を25年間。CEA15ng/ml(基準5以下)。胸部エックス線写真と胸部造影CTとを以下に示す。
  • ほかにみられるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 101G014]←[国試_101]→[101G016

106E027」

  [★]

  • 原発性肺癌患者の胸部造影CT(別冊No. 4)を別に示す。この画像所見から、まず生じることが想定されるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106E026]←[国試_106]→[106E028

095F016」

  [★]

  • 20歳の女性。動悸と体重減少とを主訴として来院した。食欲は旺盛である。脈拍118/分、整。血圧134/58mmHg。皮膚は湿潤し、手指の振戦を認める。この患者にみられる症候はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095F015]←[国試_095]→[095F017

101C015」

  [★]

  • 症候と病態の組合せで誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101C014]←[国試_101]→[101C016

103H003」

  [★]

  • 組合せで誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103H002]←[国試_103]→[103H004

105A011」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 105A010]←[国試_105]→[105A012

102G008」

  [★]

  • 急性左心不全に特徴的な徴候はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102G007]←[国試_102]→[102G009

浮腫」

  [★]

edema
水腫angioedema全身性浮腫

分類

  圧痕性浮腫 非圧痕性浮腫
pitting edema nonpitting edema
病態 水のみが間質に貯留
圧痕を残す
水分+血漿由来物質の蓄積(ムコ多糖、蛋白質)・炎症細胞の浸潤
圧痕を残さない
疾患 fast edema slow edema 甲状腺機能低下症
局所性炎症(蜂窩織炎、虫さされ)
強皮症
低アルブミン血症 心不全
腎不全
  • 低アルブミン血症はfast edema と覚えておく

浮腫の原因

IMD.518
  • 全身性
  • 心性浮腫
  • 腎性浮腫
  • 肝性浮腫
  • 内分泌性浮腫
  • 栄養失調性浮腫・栄養障害性浮腫
  • 薬剤性浮腫
  • 起立性浮腫
  • 特発性浮腫
  • 局所性
内科診断リファレンス p.4

浮腫を来す疾患

IMD.519改変
  • 局所性浮腫
  • 全身性浮腫
  • 非ステロイド性抗炎症薬:インドメタシンなど  ← 1-2%の例で見られる。
  • ホルモン薬:副腎皮質ステロイドエストロゲンなど  ← 体液貯留させる作用あり
  • 降圧薬:血管拡張薬(Ca拮抗薬など)  ←  細動脈優位の拡張による
  • 甘草製剤:甘草グリチルリチンなど  ←  アルドステロン様作用
  • Na含有薬:ペニシリン系抗菌薬、重炭酸ナトリウムなど  ←  Na自体の性質による
内科外科マニュアルp.212
  • 片側性 common
  • 蜂窩織炎
  • 深部静脈血栓症
  • 表在静脈瘤(慢性静脈還流不全)
  • 両側性 common
  • うっ血性心不全
  • ネフローゼ症候群
  • 肝硬変
  • 甲状腺機能亢進症
  • 甲状腺機能低下症
  • 薬剤:CCB,ピオグリタゾン,NSAIDs,女性ホルモン,甘草
  • 特発性浮腫:女性,夕方増悪する下腿の浮腫:NaCl,炭水化物制限
  • 月経前症候群:黄体期に出現し,月経発来と共に消退:当帰芍薬散,加味逍遥散
  • 片側性 important
  • 両側性 important

肝性浮腫と腎性浮腫

  • 肝性浮腫は下肢に、腎性浮腫では眼瞼に浮腫が初発する?(出典不明)

漢方薬

  • 口渇(+)
  • 高度の熱感(+)
越婢加朮湯
  • 高度の熱感(-)
五苓散
  • 口渇(-)
  • めまい・ふらつき(+)
  • 月経異常(+)
当帰芍薬散
  • 月経異常(-)
真武湯
  • めまい・ふらつき(-)
  • 汗かき(+)
防已黄耆湯
  • 汗かき(-)
八味地黄丸

参考

  • [display]http://www.igaku.co.jp/pdf/resident0806-3.pdf





腫」

  [★]

がん腫瘍腫瘤良性新生物


顔面」

  [★]

face





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1交叉感作性+薬剤20
2ダーゼン+添付文書14
3坊功婁カテーテルキット14
4篩状 面皰状 低乳頭 類臓器型13
5アイソボログラム13
6嘔吐 噴水12
7小刻み歩行+原因11
8股関節外転装具+装着方法10
9下壁梗塞8
10メタロプロテイナーゼ8
11グレー症候群+小児8
12エストロゲン インスリン グリコーゲン7
13鶏卵大+大きさ7
14Frequency of Manual Blowdown mail7
15brom+tech+心臓6
16+白衣を着る理由 看護師 原著6
17セリンプロテイナーゼ6
18プロステーシス+整形外科6
19体幹ギプス固定 画像6
20十二指腸係蹄とは5

昨日の人気記事
 タイトル表示
1先天性肛門狭窄2
2Suen Zhang suenzhang@gmail.com mail2
3Peliosis+hepatitis+肝臓紫斑病2
4ジャテーン手術2
5皮髄境界不明瞭2
6ピーエヌツイン+ 配合変化++2
7無鉤条虫+頭部2
8ナボット卵2
9CATTLE BLEEDING LINE mail2
10CATTLE SKIN DEHIDER mail2
11線維腫症+fibromatosis2
12施行規則+学校教育法2
13部分交換輸血とは2
14wannsinnkeisou+2
15閉鎖へるにあ2
16肝細胞逸脱酵素2
17cheese cutter machine manufactures Co. ltd@email address mail2
18ボルグスケール+看護1
19ムコイド 肺炎球菌 中耳炎1
20グルカゴン負荷1