顔面播種状粟粒性狼瘡

出典: meddic

lupus miliaris disseminatus faciei LMDF

概念

  • 顔面に多発する小丘疹で、皮膚結核との関連は無いと考えられている。病理では中心壊死と類上皮細胞肉芽腫を認める。治療は少量テトラサイクリン服用による。

参考

  • 1. 写真
[display]http://www.skincareguide.ca/images/glossary/lupus_miliaris_disseminatus.jpg
  • 2. 写真
[display]http://dermatology.cdlib.org/101/case_reports/rosacea/2.jpg



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例 右眉毛上部に限局した顔面播種状粟粒性狼瘡の1例
  • 芳賀 貴裕,菅原 正幸
  • 皮膚科の臨床 51(6), 813-815, 2009-06
  • NAID 40016709378
  • にきびが増えている (特大号 こんなときどうする「学校保健」--すべきこと,してはいけないこと) -- (皮膚)
  • 症例報告 トラニラストが有効であった顔面播種状粟粒性狼瘡の1例
  • 佐藤 可代,棟方 貴子,秋田 尚見 [他]
  • 臨床皮膚科 60(3), 259-261, 2006-03
  • NAID 40007191759

関連リンク

顔面播種状粟粒性狼瘡とはどんな病気か. 現在欧米では、顔面播種状粟粒性狼瘡 という病名は使われず、酒さ様皮膚炎(しゅさようひふえん)と考えられています。また 出現部位により、口囲(こうい)皮膚炎、眼囲(がんい)皮膚炎などと呼ばれています。
咽頭がん · 花粉症、鼻アレルギー · クローン病 · 多形(滲出性)紅斑、 ...

関連画像

 顔面診断: 播種性粟粒状狼瘡図6)ムラージュ館全景


★リンクテーブル★
国試過去問085B087」「105I023」「096H010
リンク元LMDF」「酒さ様結核疹」「lupus miliaris disseminatus faciei
関連記事播種」「狼瘡」「粟粒」「粟粒性」「顔面

085B087」

  [★]

  • 正しい組み合わせは
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)
[正答]

105I023」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 105I022]←[国試_105]→[105I024

096H010」

  [★]

  • 有棘細胞癌の前駆症はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096H009]←[国試_096]→[096H011

LMDF」

  [★] 顔面播種状粟粒性狼瘡 lupus miliaris disseminatus faciei


酒さ様結核疹」

  [★]

rosacea-like tuberculid
顔面播種状粟粒性狼瘡


lupus miliaris disseminatus faciei」

  [★] 顔面播種状粟粒性狼瘡


播種」

  [★]

dissemination
体腔内播種 transcelomic dissemination体腔内転移 transcelomic metastasis、播種性転移 disseminated metastasis
腹膜播種
  • 悪性腫瘍、ウイルス感染



狼瘡」

  [★]

lupus
ループス



粟粒」

  [★]

miliary
粟粒性


粟粒性」

  [★]

miliary
粟粒


顔面」

  [★]

face




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡