顔面失行

出典: meddic

facial apraxia
口舌顔面失行 buccal-lingual-facial apraxia




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 13.意図的発生障害,口腔顔面失行を伴った嚥下失行の1例(第41回日本リハビリテーション医学会関東地方会)
  • 伊藤 大起,笹尾 ゆう,青野 宏治,霜田 直史,豊倉 穣
  • リハビリテーション医学 : 日本リハビリテーション医学会誌 46(2), 130, 2009-02-18
  • NAID 110007113811
  • 「口腔期の嚥下失行」が疑われた左半球損傷の3例
  • 中野 明子,大塚 幸子,中澤 操 [他]
  • 言語聴覚研究 6(3), 135-143, 2009
  • NAID 40016927757

関連リンク

口・顔面失行(口腔顔面失行)とは、口頭命令または模倣にて、口腔と顔面の習慣的運動 が出来ない状態です。 ... 左・優位半球障害によって生じる症状であり、右中枢性顔面 神経麻痺を伴っていることも多いが、それのみでは口・顔面失行(口腔顔面失行)は生じ  ...
[編集]. 観念運動失行が口腔顔面領域に起こった場合のことである。口笛をふく、舌打ち をするといった動作ができなくなる。球麻痺などが鑑別にあがる。

関連画像

Ⅰ概論 Ⅱ病態別病巣一覧 Ⅲ脳 Early Depiction of BlepharospasmApraxia is neurological condition


★リンクテーブル★
リンク元自動-随意運動解離
拡張検索口舌顔面失行」「口部顔面失行
関連記事顔面

自動-随意運動解離」

  [★]

automatico-voluntary dissociation
顔面失行


口舌顔面失行」

  [★]

buccal-lingual-facial apraxia
口部舌顔面失行
顔面失行口部顔面失行 bucco-facial apraxia


口部顔面失行」

  [★]

oral-facial apraxia
顔面失行


顔面」

  [★]

face





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡