顔面

出典: meddic

face


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/12/01 12:11:08」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 形成外科学 顔面神経麻痺後遺症に対するボツリヌストキシンによる最近の治療
  • 顔面の著明な浮腫を呈した後天性免疫不全症候群関連Kaposi肉腫 (特集 ウイルス感染症)
  • 中尾 桃子,浅野 善英,竹腰 知紀 [他]
  • 皮膚科の臨床 57(4), 409-413, 2015-04
  • NAID 40020439681
  • 症例 咬筋神経移行術と顔面交叉神経移植術を併用して治療した顔面神経不全麻痺の1例

関連リンク

眼瞼けいれん・片側顔面けいれんの病気について症状、診断、治療、ボツリヌス療法、病医院検索および体験談について紹介します。GlaxoSmithKline Official Website, グラクソ・スミスクライン株式会社公式ウェブサイト
顔面けいれん(顔面痙攣)とは 1)顔面けいれんとは 顔面けいれんは、片側顔面痙攣ともいいます。顔の半分が自分の意思とは関係なく痙攣するもので、ふつう目の周囲から始まりだんだん口元へと広がります。最初のうちの症状は ...

関連画像

顔面火傷 | アルバム顔面移植、「顔面変形」の有効  かん 公式ブログ/顔面崩壊 - GREE顔面崩壊 : 「お菓子な家」2001.11.6火曜日の顔面顔面崩壊するまで強打し続けた


★リンクテーブル★
先読みface
国試過去問108E061」「108H027」「106I012」「106A010
リンク元100Cases 39」「」「顔面骨
拡張検索顔面播種状粟粒性狼瘡
関連記事

face」

  [★]

  • n.

WordNet   license wordnet

「turn so as to face; turn the face in a certain direction; "Turn and face your partner now"」

WordNet   license wordnet

「a vertical surface of a building or cliff」

WordNet   license wordnet

「the general outward appearance of something; "the face of the city is changing"」

WordNet   license wordnet

「the side upon which the use of a thing depends (usually the most prominent surface of an object); "he dealt the cards face down"」

WordNet   license wordnet

「the striking or working surface of an implement」

WordNet   license wordnet

「the front of the human head from the forehead to the chin and ear to ear; "he washed his face"; "I wish I had seen the look on his face when he got the news"」
human face

WordNet   license wordnet

「a part of a person that is used to refer to a person; "he looked out at a roomful of faces"; "when he returned to work he met many new faces"」

WordNet   license wordnet

「status in the eyes of others; "he lost face"」

WordNet   license wordnet

「the part of an animal corresponding to the human face」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈C〉『顔』 / 〈C〉表情,顔つき / 〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》 / 〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》 / 〈U〉面目,面子(めんつ) / 〈C〉(多角面体の)面 / 〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体 / 〈C〉(鉱山の)採掘現場 / …‘に'『面する』,‘の'ほうを向く / (…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》 / 〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る / 〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める / (…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》 / (ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》」

WordNet   license wordnet

「be opposite; "the facing page"; "the two sofas face each other"」

WordNet   license wordnet

「cover the front or surface of; "The building was faced with beautiful stones"」

WordNet   license wordnet

「line the edge (of a garment) with a different material; "face the lapels of the jacket"」

WordNet   license wordnet

「turn so as to expose the face; "face a playing card"」


108E061」

  [★]

  • 次の文を読み、 60~ 62の問いに答えよ。
  • 19歳の男性。交通外傷のため搬入された。
  • 現病歴:河川沿いの堤防道路でオートバイを運転中に対向車と接触し転倒、崖下に転落した。
  • 既往歴:特記すべきことはない。
  • 現症:意識はほぼ清明だが会話は困難。脈拍 124/分。血圧 92/70 mmHg。呼吸数 28/分。 SpO2 100% (リザーバー付マスク 10 l/分酸素投与下 )。顔面に挫創があり、口腔から出血と凝血塊の喀出を認める。胸部は右前胸部に圧痛があり、右呼吸音が減弱している。右下肢は外旋位で、右下腿の変形と開放創を認める。腹部超音波検査で腹腔内に液体貯留を認める。マスクによる酸素投与を継続している。
  • 治療方針の決定のため、初療室で行う単純エックス線撮影で最も優先順位が高い部位はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108E060]←[国試_108]→[108E062

108H027」

  [★]

  • 66歳の男性。胸部違和感を主訴に来院した。 1週前から持続性の前胸部の違和感を感じるようになった。自宅近くの診療所を受診し胸部エックス線写真で異常を指摘されたため紹介されて受診した。身長 170 cm、体重 65 kg。脈拍 68/分、整。血圧130/72 mmHg。呼吸数 18/分。 SpO2 96% ( room air)。心音と呼吸音とに異常を認めない。既往歴に特記すべきことはない。喫煙は 20本/日を 45年間。初診時の胸部エックス線写真 (別冊 No.4A)と胸部造影 CT(別冊 No.4B)とを別に示す。
  • 出現しやすい症候はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 108H026]←[国試_108]→[108H028

106I012」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 106I011]←[国試_106]→[106I013

106A010」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 106A009]←[国試_106]→[106A011

100Cases 39」

  [★]

erratic adj. adj. 軌道の定まらない。一貫性のない、不安定な、不規則
bowel motion 腸運動排便
fit adj. adj. 体調がよい、健康
emaciated adj.
glisten vi. ぴかぴか光る
dislodge
palliative
erythema multiforme 多形紅斑
dermatitis herpetiformis 疱疹状皮膚炎
itch 痒み
itching
celiac disease セリアック病
herpes gestationis 妊娠性疱疹
皮膚水疱
83歳 男性
主訴皮膚と口内における多数の水疱
現病歴水疱は2日前より出現水疱は破れやすく、赤色有痛性病変が残る。3ヶ月前から5kg体重が減少しており、食欲減退している。患者は体調の不調自覚してた。排便習慣が不規則になり、排便にいくらか血液を認めた。
既往歴:生来、健康であり、既往なし。
生活歴:一人住まい
嗜好歴:喫煙・飲酒無し
服薬歴:処方薬なし。マルチビタミンタブレットは体調の不調を感じてから薬局購入している。これ以外て薬を購入していない。
身体所見 examination
全身emaciateで調子悪そうである
皮膚全身皮膚水疱
口内:びらん(sore)あり sore有痛性びらん潰瘍
脈拍:102/minirregularly irregular → 不規則不整脈 → ( )
血圧:160/78 mmHg
上記以外心臓呼吸器系に異常を認めない。
腹部触診:6cmの硬い結節を肝の辺縁に触知。可動性のある硬性腫瘤を左腸骨窩に触知。
直腸診:鮮血色の血液糞便混合物が認められる
検査 examination
低値Hb, MCV,Alb
高値AlP
Q1. まず皮膚病変の診断をつけろ。
Q2. 次に皮膚病変と患者病態関連づけてみろ。
A. 尋常性天疱瘡
特徴:表皮内水疱、弛緩性水疱、ニコルスキー現象、口内びらん
病因癌腫リンパ腫、胸腺腫全身性エリテマトーデス特定薬物(ペニシラミンカプトプリル)などによる
治療ステロイド免疫抑制薬
鑑別疾患
水疱性類天疱瘡緊満性水疱水疱尋常性天疱瘡に比べて破れにくく大型になりやすい。
多形性紅斑中心水疱を伴った的形病変(target-shaped lesion with central blisters)。よく全身紅皮症と粘膜潰瘍と伴う(スティーブン・ジョンソン症候群)。病因単純ヘルペスウイルス薬剤(スルフォナミド)、悪性腫瘍
疱疹状皮膚炎:肘、膝、顔面小水疱病変(vesicular lesion)が形成される。vesicleblister(<0.5cm)より小さく、ひっかくことで破裂する。非常にかゆい。セリアック病合併することがある
・その他の疾患
 ・糖尿病
 ・妊娠性疱疹
 ・家族性水疱疾患
まとめ
悪性腫瘍合併しうる(→腫瘍存在下皮膚病変が出現したのであれば腫瘍随伴性天疱瘡診断されるべき)、
天疱瘡は気づかないうちに体液喪失し、あるいは水疱からの感染結果としての敗血症生命を脅かす。


顔」

  [★]

facefacial
顔面直面表面向かう



顔面骨」

  [★]

facial bones
ossa faciei
顔面



顔面播種状粟粒性狼瘡」

  [★]

lupus miliaris disseminatus faciei LMDF

概念

  • 顔面に多発する小丘疹で、皮膚結核との関連は無いと考えられている。病理では中心壊死と類上皮細胞肉芽腫を認める。治療は少量テトラサイクリン服用による。

参考

  • 1. 写真
[display]http://www.skincareguide.ca/images/glossary/lupus_miliaris_disseminatus.jpg
  • 2. 写真
[display]http://dermatology.cdlib.org/101/case_reports/rosacea/2.jpg



面」

  [★]

surfaceaspectsidefaceplanefacet、(面取りされた角)chamfer
局面小面状況側面平ら直面表面平面個眼向かうサイド



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡