顆粒球過形成

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

【ベストアンサー】骨髄過形成の起こる疾患、は大まかに分けて「赤芽球過形成」の場合と「顆粒球系過形成」の場合があります。 M/E比が高くなるということは、骨髄の形態検査を行い、顆粒球 ...
年齢 70歳代 ~前発信~ 末梢血所見から 二血球減少の血液像では、赤血球形態に菲薄赤血球や奇形赤血球がみられ、芽球は認めない. 骨髄所見から 骨髄は過形成であり、M/Eは8.4と顆粒球が優位で分化段階がみられる. 異形成としては ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事顆粒」「顆粒球」「形成」「過形成

顆粒」

  [★]

granule



血液細胞の顆粒

一次顆粒

  • アズール好性
  • アズール→紫褐、紫赤
  • リンパ球、単球、前骨髄球、血小板、巨核球
  • リンパ球では0.3-0.6μm

特殊顆粒

  • 好酸性顆粒
  • 好塩基性顆粒
  • 好塩基性
  • メチレン青→紫
  • 好塩基球
  • 好中性顆粒
  • 好中性
  • 好中球


顆粒球」

  [★]

granulocyte
顆粒性白血球 granular leukocyte
白血球無顆粒球


顆粒球

細胞表面抗原



形成」

  [★]

形式形態構造組成品種編成フォーム成立形づくる


過形成」

  [★]

hyperplasia
増殖 production
肥大、増殖症、増生ハイパーモルフ hypermorph






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡