頭位眼振

出典: meddic

positional nystagmus
温度眼振



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 良性発作性頭位めまい症の典型的所見と治療
  • 山本 昌彦,吉田 友英
  • 日本医事新報 (4538), 81-86, 2011-04-16
  • NAID 40018749169
  • 頭位性めまいを主訴とし方向交代性下向性眼振を示した中枢性めまいの2症例
  • 井上 亜希,尾関 英徳,岩崎 真一,室伏 利久
  • Otology Japan 20(2), 86-90, 2010-05-25
  • … 末梢性頭位性めまいと中枢性頭位性めまいを頭位眼振検査所見のみから鑑別することは非常に難しい。 … 2症例とも方向交代性下向性頭位眼振をみとめた。 … 症例1は38歳男性、頭位眼振以外に片側の軟口蓋麻痺と声帯麻痺をみとめた。 …
  • NAID 10026708778

関連リンク

眼振の記載法 監修:聖マリアンナ医科大学耳鼻咽喉科 教授 肥塚 泉 先生 眼振の一般的な記載法について、解説します。 眼振方向 急速相の方向 記載法 眼振は矢印の記号であらわす。 眼振は下図に記載する。 PAGE TOP ...
立ち直り検査(姿勢の変化を元に戻す働きは充分ですか) 偏倚検査(体の動きがどちらかに偏ってませんか) 重心動揺検査(体の揺れを数値できちんとみてみよう) 注視眼振・頭位眼振・頭位変換眼振検査(異常な眼の動きがでて ...
また、従来は後半規管が病巣と考えられていましたが、側臥位で水平性の頭位眼振が出現するタイプも少なからず認められ、外側半規管由来の頭位性めまい症も存在することが明らかとなってきました。 この外側半規管頭位性めまい症 ...

関連画像

図5 頭位変換療法(エプレイ  性下向性頭位眼振(持続型 頭位めまい症(BPPV)の病態眼振・頭位眼振・頭位変換眼 図:頭位変換眼振記録図4 頭位変換眼振検査


★リンクテーブル★
先読みpositional nystagmus
国試過去問104E055
リンク元温度眼振」「ニレン2型
拡張検索高浸透圧性眩暈症・頭位眼振症候群」「良性発作性頭位眼振
関連記事眼振」「頭位

positional nystagmus」

  [★]


頭位変換眼振


104E055」

  [★]

  • 62歳の女性。回転性めまいを主訴に来院した。3日前に美容院で洗髪のため仰臥位懸垂頭位になった時に突然、回転性めまいが出現した。回転性めまいは十数秒で消失した。難聴や耳鳴りはなく、嘔気もなかった。その後、就寝時の寝返りで同様の回転性めまいが生じた。意識は清明。体温36.0℃。脈拍80/分、整。血圧136/82mmHg。純音聴力検査で異常を認めない。頭部単純MRIで異常を認めない。頭位眼振頭位変換眼振所見(別冊No.11)を別に示す。
  • 治療として最も適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 104E054]←[国試_104]→[104E056

温度眼振」

  [★]

caloric nystagmus
頭位眼振眼振バラニー試験


[show details]


ニレン2型」

  [★]

Nylen type 2
頭位眼振眼振


高浸透圧性眩暈症・頭位眼振症候群」

  [★]

hyperosmolar vertigo-positional nystagmus syndrome


良性発作性頭位眼振」

  [★]

benign paroxysmal positional nystagmus


眼振」

  [★]

nystagmus
眼球振盪眼球振盪症
共同眼振律動眼振病的眼振反跳眼振陥没眼振輻輳眼振、注視眼振

概念

  • 眼球の不随意的往復運動
  • 眼振には眼球が緩徐に動く緩徐相と急速に動く急速相からなる。
  • 急速相の方向が眼振の方向である。

分類




頭位」

  [★]

cephalic presentation of fetus






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡