頬骨骨折

出典: meddic

zygomatic fracture



-zygomatic fracture


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 手術適応に関するクリニカル・クエッションを作成して (特集 『頬骨骨折の診断と治療』ガイドライン作成にあたっての私の提言)
  • 固定材料に関するクリニカル・クエッションを作成して (特集 『頬骨骨折の診断と治療』ガイドライン作成にあたっての私の提言)

関連リンク

頬骨骨折。日本形成外科学会のWebサイトです。 home > 会員の方へ > 形成外科で扱う疾患 > 顔面骨骨折および顔面軟部組織損傷 > 頬骨骨折 1. 疾患の解説 (1) 概念 頬骨は、頬の高まりを形成している骨で、体部、弓部と呼ばれる 図1 ...
顔面骨折には、鼻骨骨折、下顎骨骨折、頬骨骨折、眼窩底骨折、上顎骨骨折などがあります。原因は、交通事故、スポーツ中の事故やけんかなどによる顔面打撲です。鼻骨骨折、下顎骨骨折および頬骨骨折などが頻度の高いもの ...
頬骨骨折などに合併するものの他に、眼部にソフトボールや肘・膝などがあたって眼の奥の薄い骨が折れる骨折があります。こうした打撲の後、物が二重に見えるなどの症状があれば、形成外科、眼科などの専門医を受診する ...

関連画像

頬骨骨折頬骨骨折イメージ 1頬骨骨折 治療前図1 左頬骨骨折の例頬骨骨折 治療後


★リンクテーブル★
国試過去問105H016
関連記事骨折」「頬骨

105H016」

  [★]

  • 複視をきたすのはどれか



[正答]


※国試ナビ4※ 105H015]←[国試_105]→[105H017

骨折」

  [★]

fracture

高齢者における骨折の好発部位

参考1

多い

  • 上腕骨頚部:転倒して手を伸ばしてついた、直接方外側を打った場合に外科頚骨折しやすい。特に高齢者、特に女性に多い。
  • 橈骨遠位部:コーレス骨折(Colles骨折)は10歳前後の小児と骨粗鬆症を有する老人に多い。
  • 椎骨(椎体圧迫骨折):骨粗鬆症を生じている女性に多い。
  • 大腿骨頚部

やや多い

  • 肋骨
  • 上腕骨遠位部
  • 坐骨?
  • 大腿骨遠位部
  • 脛骨近位部
  • 脛骨位部

小児の骨折

小児骨折

骨折による骨癒合しにくい部位

血流が乏しいことによる
  • 大腿骨頚部内側骨折、手根骨舟状骨骨折、脛骨中下1/3骨折、距骨骨折

骨折による出血量

SOR.631
  • 開放骨折の場合には2倍の出血量が予想される。
骨盤骨折 1000-5000ml
大腿骨骨折 500-1000ml
脛骨骨折 500ml
上腕骨骨折 350ml

診察

  • 1. 皮下骨折/開放骨折
  • 2. 血管損傷の有無
  • 3. 末梢神経損傷の有無
  • 4. 軟部組織の損傷
  • 5. 受傷部位周辺臓器の損傷
  • 6. 受傷後の時間経過

参考

  • 1. 高齢者の転倒障害
http://www.biomech.mech.nagoya-u.ac.jp/iplweb/impact_bio/pdf/1st/Harada.pdf




頬骨」

  [★]

zygomatic bone (M)
os zygomaticum
頭蓋


  • 眼窩の外側部と下部の外側を形成





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡