頚静脈

出典: meddic

jugular vein
頸静脈
内頚静脈外頚静脈



臨床関連

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Transcondylar fossa approach(顆窩経由法)の微小外科解剖(III 手術アプローチの選択とピットフォール-第24回微小脳神経外科解剖セミナーより-,微小脳神経外科解剖)
  • 河島 雅到,松島 俊夫
  • 脳神経外科ジャーナル 20(Supplement_2), 194-200, 2011-10-20
  • … 今回われわれは,大孔外側部の微小外科解剖を述べるとともに,transcondylar fossa approach(TCFA)について解説した.TCFAでは,環椎後頭関節を傷つけずに顆窩から頚静脈結節にかけて骨削除することにより,頚静脈孔レベルで延髄外側部に広い術野を確保することができる.また,実際にこの部位の病変を手術する際は,cerebello-medullary fissureを片側性に大きく開放することにより小脳の牽引を容易にし,さらなる広い術 …
  • NAID 110008790797
  • 合併経錐体到達法の適応と手術の実際について(III 手術アプローチの選択とピットフォール-第24回微小脳神経外科解剖セミナーより-,微小脳神経外科解剖)
  • 後藤 剛夫,大畑 建治
  • 脳神経外科ジャーナル 20(Supplement_2), 186-193, 2011-10-20
  • … 剥離の工夫について実際の手術手順に沿って詳細に報告する.胸鎖乳突筋を茎とする筋膜骨膜弁による硬膜欠損部補填によって,髄液漏およびそれに伴う感染を予防できた,S状静脈洞は,横静脈洞との移行部から頚静脈孔側へと順行性に静脈壁を骨から剥離することで静脈壁を損傷することなく安全にかつ迅速に剥離が可能であった.半規管同定には,乳突洞の開放と内リンパ嚢の同定が有用であった.腫瘍切除時にテント切開 …
  • NAID 110008790796

関連リンク

外側頭直筋の上を通り、内頸動脈と頸静脈孔を通る神経の後方を通る。下部において、 内頸動静脈は同じ面を通り、舌咽神経と舌下神経が動静脈の間を通る。迷走神経は頸 動脈鞘において動静脈の間を通る。副神経は内頸静脈の前方であることも後方である ...
外頸静脈(がいけいじょうみゃく)は頭頸部の静脈の一つ。頭蓋外側および顔面深部から の血液の大部分を受け取る静脈で、下顎後静脈の後部と後耳介静脈の接合部より 始まる。 目次. 1 走行; 2 弁; 3 合流; 4 追加画像; 5 関連項目. [編集] 走行. 耳下腺内部 で ...

関連画像

診察手順術中または術後管理オトガイ 下 静脈 7 内 頚静脈 クリティカルケアにおける 移動: 案内 、 検索


★リンクテーブル★
先読み内頚静脈
国試過去問105C031」「105C030」「105H032」「097C013」「105H031」「106H032」「106B049」「106H031」「099D094」「097E021」「097E022
リンク元外頚静脈」「頚静脈怒張」「jugular vein」「cervical vein」「vena jugularis
拡張検索経頚静脈肝内門脈大循環短絡術」「前頚静脈」「頚静脈孔症候群」「経頚静脈性肝内門脈大循環短絡術」「総頚静脈
関連記事静脈

内頚静脈」

  [★]

internal jugular vein (Z)
vena jugularis interna
内頸静脈
前頚静脈外頚静脈


  • 図:N.27
  • 頭頚部における主要な静脈

終止

走行

臨床関連

  • 内頚静脈穿刺 (M.561)



105C031」

  [★]

  • 次の文を読み、30、31の問いに答えよ。
  • 95歳の男性。呼吸困難のため搬入された。
  • 現病歴   咳嗽が続くため2か月前に自宅近くの診療所を受診した。胸部エックス線写真にて肺野に異常陰影を認めたため、近くの病院を紹介され、精査の結果、肺腺癌、肺内転移、骨転移および心膜転移と診療された。患者本人や家族と相談の結果、積極的治療は行わない方針となり、診療所の医師が主治医となって自宅で療養していた。昨日から呼吸困難が出現し、今朝になって増強したため、主治医に相談した上で、救急車を要請した。
  • 既往歴   7年前に心筋梗塞
  • 生活歴   息子夫婦、孫2人との5人暮らし。喫煙は20本/日を20歳から50年間継続した後、禁煙している。飲酒は機会飲酒。
  • 家族歴   特記すべきことはない。
  • 現症    意識は清明。身長160cm、体重52kg。体温37.5℃。呼吸数32/分、努力様。脈拍120/分、整。血圧72/40mmHg。経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)88%。頚静脈の怒張を認める。心音に異常を認めない。両側肺底部にcoarse cracklesを聴取する。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。両側下腿に浮腫を認める。
  • 検査所見  血液所見:赤血球 385万、Hb 11.0g/dl、Ht 36%、白血球 9,500、血小板 22万。血液生化学所見:血糖 86mg/dl、総蛋白 5.4g/dl、アルブミン 2.6g/dl、尿素窒素 24mg/dl、クレアチニン 1.1mg/dl、AST 24IU/l、ALT 40IU/l、LD 322IU/l(基準176-353)、ALP 158IU/l(基準115-359)、Na 142mEq/l、K 4.2mEq/l、Cl 101mEq/l。CRP 1.2mg/dl。胸部エックス線写真では原発巣の増大、心陰影の拡大および胸水の貯留を認める。心電図では洞性頻脈低電位とを認める。
  • 使用する薬剤として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105C030]←[国試_105]→[105C032]

105C030」

  [★]

  • 次の文を読み、30、31の問いに答えよ。
  • 95歳の男性。呼吸困難のため搬入された。
  • 現病歴   咳嗽が続くため2か月前に自宅近くの診療所を受診した。胸部エックス線写真にて肺野に異常陰影を認めたため、近くの病院を紹介され、精査の結果、肺腺癌、肺内転移、骨転移および心膜転移と診療された。患者本人や家族と相談の結果、積極的治療は行わない方針となり、診療所の医師が主治医となって自宅で療養していた。昨日から呼吸困難が出現し、今朝になって増強したため、主治医に相談した上で、救急車を要請した。
  • 既往歴   7年前に心筋梗塞
  • 生活歴   息子夫婦、孫2人との5人暮らし。喫煙は20本/日を20歳から50年間継続した後、禁煙している。飲酒は機会飲酒。
  • 家族歴   特記すべきことはない。
  • 現症    意識は清明。身長160cm、体重52kg。体温37.5℃。呼吸数32/分、努力様。脈拍120/分、整。血圧72/40mmHg。経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)88%。頚静脈の怒張を認める。心音に異常を認めない。両側肺底部にcoarse cracklesを聴取する。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。両側下腿に浮腫を認める。
  • 検査所見  血液所見:赤血球 385万、Hb 11.0g/dl、Ht 36%、白血球 9,500、血小板 22万。血液生化学所見:血糖 86mg/dl、総蛋白 5.4g/dl、アルブミン 2.6g/dl、尿素窒素 24mg/dl、クレアチニン 1.1mg/dl、AST 24IU/l、ALT 40IU/l、LD 322IU/l(基準176-353)、ALP 158IU/l(基準115-359)、Na 142mEq/l、K 4.2mEq/l、Cl 101mEq/l。CRP 1.2mg/dl。胸部エックス線写真では原発巣の増大、心陰影の拡大および胸水の貯留を認める。心電図では洞性頻脈低電位とを認める。
  • 次に行う検査として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105C029]←[国試_105]→[105C031

105H032」

  [★]

  • 次の文を読み、31、32の問いに答えよ。
  • 64歳の男性。労作時の息切れを主訴に来院した。
  • 現病歴   半年前から立ち仕事で疲れやすくなったが、年のせいだと思い医療機関を受診していなかった。1か月前から階段を昇るときの息切れが強くなり、徐々に増悪してきた。
  • 既往歴   50歳台のとき健康診断で肥満と高血圧とを指摘されたが、医療機関は受診していない。
  • 生活歴   自営業。喫煙は20本/日を44年間。飲酒は日本酒換算で2合半/日を30年間。
  • 家族歴   特記すべきことはない。
  • 現症    身長159cm、体重78kg、腹囲94cm。体温36.8℃。呼吸数26/分。脈拍104/分、不整。血圧168/92mmHg。頚静脈の怒張を認める。両側下肺野にcoarse cracklesを聴取する。両側下腿の浮腫を認める。
  • 検査所見  血液所見:赤血球 406万、Hb 13.7g/dl、Ht 41%、白血球 8,700、血小板 26万。血液生化学所見:血糖 108mg/dl、HbA1c 5.6%(基準4.3-5.8)、総蛋白 6.4g/dl、アルブミン 3.6g/dl、尿素窒素 19mg/dl、クレアチニン 1.0mg/dl、LDLコレステロール 126mg/dl(基準65-139)、HDLコレステロール 38mg/dl、トリグリセリド 286mg/dl、AST 48IU/l、ALT 46IU/l、LD 346IU/l(基準176-353)、ALP 358IU/l(基準115-359)、γ-GTP 76IU/l(基準8 -50)、Na 136mEq/l、K 4.lmEq/l、Cl 101mEq/l。CRP 0.3mg/dl。心電図で心房細動を認める。胸部エックス線写真で心胸郭比64%。
  • 治療を開始するにあたり、行うよう指導すべき生括習慣として適切でないのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105H031]←[国試_105]→[105H033

097C013」

  [★]

  • 次の文を読み、13~15の問いに答えよ。
  • 68歳の男性。腹部の膨満、腹痛、嘔吐および衰弱を主訴に家族に伴われて来院した。
  • 現病歴 : 3日前から左下腹部を中心とする強い腹痛と嘔吐とを繰り返し、次第に腹部の膨隆が目立つようになってきた。この間、排ガスと排便とはみられず、排尿も2日前からは少量ずつ2、3回あったのみであった。また少量の水分を摂取したのみで経口摂取はほとんどしていなかった。
  • 既往歴 : 5年前から170/90mmHg程度の高血圧症を指摘されていたが、症状がないため放置していた。手術歴はない。
  • 現症 : 意識は清明であるが受け答えは緩慢である。身長169cm、体重56kg。体温36.8℃。臥位で脈拍108/分、整。血圧114/78mmHg。腹部は膨隆し、左下腹部を中心として金属性腸雑音を聴取する。打診では腹部全体にわたって鼓音を呈する。肝・肺を触知せず、圧痛や抵抗を認めない。
  • 検査所見 : 尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球360万、Hb10.8g/dl、Ht34%、白血球12,000、血小板25万。血清生化学所見:総蛋白6.0g/dl、尿素窒素38mg/dl、クレアチニン1.3mg/dl、AST33単位(基準40以下)、ALT32単位(基準35以下)、CK35単位(基準10~40)、Na128mEq/l、K3.6mEq/l、Cl83mEq/l。来院時の腹部エックス線単純写真を以下に示す。
  • この患者でみられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 097C012]←[国試_097]→[097C014

105H031」

  [★]

  • 次の文を読み、31、32の問いに答えよ。
  • 64歳の男性。労作時の息切れを主訴に来院した。
  • 現病歴   半年前から立ち仕事で疲れやすくなったが、年のせいだと思い医療機関を受診していなかった。1か月前から階段を昇るときの息切れが強くなり、徐々に増悪してきた。
  • 既往歴   50歳台のとき健康診断で肥満と高血圧とを指摘されたが、医療機関は受診していない。
  • 生活歴   自営業。喫煙は20本/日を44年間。飲酒は日本酒換算で2合半/日を30年間。
  • 家族歴   特記すべきことはない。
  • 現症    身長159cm、体重78kg、腹囲94cm。体温36.8℃。呼吸数26/分。脈拍104/分、不整。血圧168/92mmHg。頚静脈の怒張を認める。両側下肺野にcoarse cracklesを聴取する。両側下腿の浮腫を認める。
  • 検査所見  血液所見:赤血球 406万、Hb 13.7g/dl、Ht 41%、白血球 8,700、血小板 26万。血液生化学所見:血糖 108mg/dl、HbA1c 5.6%(基準4.3-5.8)、総蛋白 6.4g/dl、アルブミン 3.6g/dl、尿素窒素 19mg/dl、クレアチニン 1.0mg/dl、LDLコレステロール 126mg/dl(基準65-139)、HDLコレステロール 38mg/dl、トリグリセリド 286mg/dl、AST 48IU/l、ALT 46IU/l、LD 346IU/l(基準176-353)、ALP 358IU/l(基準115-359)、γ-GTP 76IU/l(基準8 -50)、Na 136mEq/l、K 4.lmEq/l、Cl 101mEq/l。CRP 0.3mg/dl。心電図で心房細動を認める。胸部エックス線写真で心胸郭比64%。
  • 次に必要な検査はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105H030]←[国試_105]→[105H032

106H032」

  [★]

  • 次の文を読み、 31、 32の問いに答えよ。
  • 現病歴: 1か月前から食欲不振を自覚しており、体重が3kg減少した。今朝から全身倦怠感が強くなり、軽い悪心も自覚するようになった。 1時間前、トイレに立とうとしたところ、目の前が暗くなり、ふらついた。しばらく横になっていると症状は改善したが、心配になったため家族の運転する車で受診した。
  • 既往歴: 51歳時から高血圧症で内服治療中。 54歳時に腰椎椎間板ヘルニアの手術を受けている。
  • 生活歴:喫煙は20本/日を43年間。飲酒は日本酒2合/日を40年間。
  • 家族歴 :父親が大腸癌のため81歳で死亡。
  • 現 症:意識は清明。身長175cm、体重65kg。体温35.8℃。脈拍128/分、整。血圧94/68mmHg。呼吸数24/分。 SpO2 98%(room air)。皮膚は冷たく湿っている。眼瞼結膜は貧血様である。頚静脈の怒張を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。
  • 次に行うべき身体診察として適切なのはどれか。
  • 心電図で洞性頻脈を認める。胸部エックス線写真で心胸郭比44%、異常陰影を認めない。
  • まず行うべき治療はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106H031]←[国試_106]→[106H033

106B049」

  [★]

  • 次の文を読み、 49-51の問いに答えよ。
  • 63歳の男性。発熱と腹痛とを主訴に来院した。現病歴:昨日から38℃台の発熱と腹部全体の痛みとがある。痛みは持続的で、下痢と嘔吐とはない。家族の話では、いつもと比べて何となくぼんやりしているという。
  • 既往歴 53歳時にC型肝炎を、 60歳時に肝硬変を指摘された。
  • 生活歴 喫煙歴はない。飲酒は機会飲酒。
  • 家族歴 父親が脳梗塞のため84歳で死亡。
  • 現 症 意識レベルはJCS I-2。体温38.1℃。脈拍96/分、整。血圧106/56mmHg。呼吸数24/分。腹部は膨隆し、打診では仰臥位から左側臥位への体位変換で濁音境界が移動する。腹部全体に軽度の圧痛を認める。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球295万、 Hb9.2g/dl、Ht27%、白血球4,200、血小板4.3万。血液生化学所見:総蛋白5.8g/dl、アルブミン2.6g/dl、尿素窒素15mg/dl、クレアチニン0.9mg/dl、総ビリルビン1.0mg/dl、 AST94IU/l、 ALT64IU/l、 ALP230IU/l(基準115-359)、アンモニア73μg/dl(基準18-48) 。腹部超音波検査で肝臓に腹痛を認めない。
  • 認められる可能性がある身体所見はどれか。 3つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 106B048]←[国試_106]→[106B050

106H031」

  [★]

  • 次の文を読み、 31、 32の問いに答えよ。
  • 63歳の男性。全身倦怠感立ちくらみとを主訴に来院した。
  • 現病歴: 1か月前から食欲不振を自覚しており、体重が3kg減少した。今朝から全身倦怠感が強くなり、軽い悪心も自覚するようになった。 1時間前、トイレに立とうとしたところ、目の前が暗くなり、ふらついた。しばらく横になっていると症状は改善したが、心配になったため家族の運転する車で受診した。
  • 既往歴: 51歳時から高血圧症で内服治療中。 54歳時に腰椎椎間板ヘルニアの手術を受けている。
  • 生活歴:喫煙は20本/日を43年間。飲酒は日本酒2合/日を40年間。
  • 家族歴 :父親が大腸癌のため81歳で死亡。
  • 現 症:意識は清明。身長175cm、体重65kg。体温35.8℃。脈拍128/分、整。血圧94/68mmHg。呼吸数24/分。 SpO2 98%(room air)。皮膚は冷たく湿っている。眼瞼結膜は貧血様である。頚静脈の怒張を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。
  • 次に行うべき身体診察として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106H030]←[国試_106]→[106H032

099D094」

  [★]

  • a. 高熱があるときは行わない。
  • b. 第2、3腰椎間で穿刺する。
  • c. 検査終了後は坐位で安静を保つ。
  • d. 血性なら3本の試験管に分けて採取する。
  • e. 健常人では頚静脈圧迫で圧が上昇しない。
[正答]


※国試ナビ4※ 099D093]←[国試_099]→[099D095

097E021」

  [★]

  • 頭部診察の写真を以下に示す。
  • 触診しているのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 097E020]←[国試_097]→[097E022

097E022」

  [★]

  • 頚静脈怒張をきたすのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097E021]←[国試_097]→[097E023

外頚静脈」

  [★]

external jugular vein
vena jugularis externa
外頸静脈
頚静脈内頚静脈上大静脈
  • 図:N.19,27 KL.634 M.551

由来-終末

走行

臨床関連

  • 外頚静脈の怒張 (M.554)
    • 普段は見えないが、静脈圧が上昇すると、外頚静脈が顕著に見えるようになる。
    • 原因:心不全の徴候、鎖骨下リンパ節の腫大、胸腔内圧の上昇、上大静脈の閉塞



頚静脈怒張」

  [★]

jugular venous distention
頚静脈右房圧

座位で頚部の静脈怒張が見られる疾患

jugular vein」

  [★]

頚静脈頸静脈

cervical veinjugularvena jugularis


cervical vein」

  [★]

頚静脈頸静脈

jugularjugular veinvena jugularis


vena jugularis」

  [★]

頚静脈頸静脈

cervical veinjugularjugular vein

経頚静脈肝内門脈大循環短絡術」

  [★]

transjugular intrahepatic portosystemic shunt TIPS, transjugular intrahepatic portasystemic shunt
ティップス経頚静脈性肝内門脈大循環短絡術経頸静脈的肝内門脈大循環短絡術経頸静脈肝内門脈大循環短絡術経頚静脈肝内門脈大循環短絡術経頚静脈的肝内門脈大循環短絡術経皮的肝内門脈静脈短絡術、経頚静脈性肝内門脈大循環シャント、経頸静脈的肝内門脈大循環シャント、経頸静脈肝内門脈大循環シャント、経頚静脈肝内門脈大循環シャント、経頚静脈的肝内門脈大循環シャント、経皮的肝内門脈静脈シャント
[show details]



前頚静脈」

  [★]

anterior jugular vein (Z)
鎖骨下静脈内頚静脈外頚静脈
  • 図:KL.632 N.27 KH.17
  • 書籍によって走行が違うので、変異に富むと思われる

終止

走行

  • 前頚部の正中近くにあって舌骨の下に始まり外下方に走り、外頚静脈に注ぐ (KL.635)

参考

[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%8D%E9%A0%B8%E9%9D%99%E8%84%88
[display]http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/f8/Gray558.png

頚静脈孔症候群」

  [★]

jugular foramen syndrome
頸静脈孔症候群ヴェルネ症候群 Vernet syndrome
頚静脈孔



経頚静脈性肝内門脈大循環短絡術」

  [★] 経頚静脈肝内門脈大循環短絡術


総頚静脈」

  [★]

CCV, common carotid vein


静脈」

  [★]

vein (Z)
vena


  • 毛細血管から発生した静脈血を心臓に送るために使われる血管。





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡