頚部腫脹

出典: meddic

neck swelling
頸部腫脹


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Neurofibromatosis type 1に合併した迷走神経由来の頚胸部発生神経線維腫の1切除例
  • 綾部 貴典,富田 雅樹,丸塚 浩助,清水 哲哉,中村 都英
  • 日本呼吸器外科学会雑誌 27(6), 712-718, 2013
  • … 頚胸部境界に発生した迷走神経由来の腫瘍はまれであり,その手術法に関する報告は少ない.症例はNeurofibromatosis type 1を合併した25歳・男性.2010年11月職場で左頚部腫脹を指摘された.頚胸部CTでは,左頚部から鎖骨上窩,上縦隔の大動脈弓レベルまで,22×5.5 cmの腫瘤を認めた.左頚部の腫瘍は急速に増大し,悪性の可能性が疑われた.手術は,左頚部皮膚を斜切開し胸骨柄頚切痕で正中切開に移行した.腫瘍は被膜に …
  • NAID 130004495368
  • 両側頚部腫脹, 縦隔リンパ節腫大が発見のきっかけになったミクリッツ病の一例
  • 木村 雅一,宮島 邦治,河野 貴文,岩屋 啓一,加藤 治文,池田 徳彦
  • 日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery 26(1), 41-45, 2012-01-15
  • NAID 10030025987
  • 両側頚部腫脹,縦隔リンパ節腫大が発見のきっかけになったミクリッツ病の一例
  • 木村 雅一,宮島 邦治,河野 貴文,岩屋 啓一,加藤 治文,池田 徳彦
  • 日本呼吸器外科学会雑誌 26(1), 041-045, 2012
  • … 症例は59歳男性,持続する両側頚部腫脹を自覚し受診.頚胸部CTを施行し,両側顎下腺腫脹,縦隔リンパ節の腫大を認めた.頚部針生検施行したが,結果は炎症性唾液腺組織であり,悪性細胞は認めなかった.肺癌,悪性リンパ腫等を疑い胸腔鏡下縦隔リンパ節生検を施行したが,悪性所見を認めず炎症性腫大であった.シェーグレン症候群,ミクリッツ病を疑い採血,顎下腺組織免疫染色を追加し,リンパ球は著名なIg …
  • NAID 130002114775

関連リンク

頚部腫脹(けいぶしゅちょう:首の腫れ)をきたす原因には数多くの疾患がありますが、頚部腫瘤(けいぶしゅりゅう:首のしこり)の多くは頚部リンパ節が様々な原因で腫脹することによります。首には片側だけでも数十個以上のリンパ節 ...
頸部リンパ節が腫脹する疾患を上げて下さい。医療関係者の方にお願い致します。サイトつきでお願いします。 ... 60 pt ひとくちに頚部リンパ節といっても実は部位によって微妙に疑いやすい病気が変わってくる訳で。 しかも、普通の人には ...

関連画像

CT検査:腫脹した頚部リンパ節 頚部リンパ節腫脹化膿性扁桃炎でリンパ節腫脹を 今日、りぱぷぅが先日行われた  頚部リンパ節の腫脹を来した


★リンクテーブル★
リンク元頸部腫脹」「neck swelling
関連記事腫脹」「頚部

頸部腫脹」

  [★]

neck swelling
頚部腫脹


neck swelling」

  [★]


腫脹」

  [★]

swelling
腫大
腫大膨化膨潤膨張隆起



頚部」

  [★]

cervical region
頚部に分布する血管






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡