音色

出典: meddic

timbre


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/06/16 18:13:24」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 実ドラムと仮想ドラムを統合するための叩打動作識別機能をもつドラムスティックの設計と実装
  • 菅家 浩之,竹川 佳成,寺田 努,塚本 昌彦
  • 情報処理学会研究報告. [音楽情報科学] 2011-MUS-90(1), 1-6, 2011-05-06
  • … は,高い可搬性をもつが,叩打時のフィードバックがなく演奏しづらかったり,演奏法や音色が再現できない.そこで,本研究では実ドラムと仮想ドラムを統合するための叩打動作識別機能をもつドラムスティックを構築する.提案するドラムスティックは仮想ドラムの叩打と識別したときのみ,仮想ドラムに割り当てた音色の音を出力することで,仮想ドラムと実ドラムの利点を併せもつドラムを実現する.ま …
  • NAID 110008584219
  • 中学校・高等学校音楽科における聴取力育成プログラム開発のための基礎的研究(1) : 聴取力に着目した音楽科学力調査をとおして
  • 三村 真弓,伊藤 真,泉谷 正則,桑田 一也,原 寛暁,増井 知世子,松前 良昌,光田 龍太郎,藤井 恵子,ミムラ マユミ,イトウ シン,イズミタニ マサノリ,クワタ カズヤ,ハラ トモアキ,マスイ チセコ,マツマエ ヨシマサ,ミツタ リュウタロウ,フジイ ケイコ,Mimura Mayumi,Ito Shin,Izumitani Masanori,Kuwata Kazuya,Hara Tomoaki,Masui Chiseko,Matsumae Yoshimasa,Mitsuta Ryutaro,Fujii Keiko
  • 学部・附属学校共同研究紀要 (39), 153-158, 2011-03-24
  • … 楽器の音色を聴き分ける力は, 楽器によって正答率にかなり差があることがわかった。 … これに対して, クラリネットとホルンはともに40%台の正答率であり, これらの楽器の音色を聴き分けることは難しいことがわかった。 …
  • NAID 120002949794

関連リンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 移動: 案内, 検索. 音色(おんしょく 、ねいろ)とは、さまざまな音の聞こえ方のことである。楽器毎にそれぞれ異なった音色を 持ち、例えばトランペットは「プー」などといった音色の音を出し、ピアノは「ポロロン」など ...

関連画像

音色 (by sonoko)鈴香音色」に関する画像一覧 はんなり巡る 京都・美の音色音の音色Tumblrへシェア音色


★リンクテーブル★
リンク元timbre

timbre」

  [★]

  • 音色

WordNet   license wordnet

「(music) the distinctive property of a complex sound (a voice or noise or musical sound); "the timbre of her soprano was rich and lovely"; "the muffled tones of the broken bell summoned them to meet"」
timber, quality, tone

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「音色,音質」



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡