鞘状突起

出典: meddic

vaginal process
processus vaginalis
  • 男性の精巣導帯は精巣の下端に付着し、鞘状突起という腹膜の折り返しと共に、陰嚢の中に突き出していく。精巣は鞘状突起の後部に位置して下降していく(精巣は精巣鞘膜に前方から覆われる形になる)。鞘状突起の下部の遺残は精巣を覆う精巣鞘膜となる。精管、精巣動静脈、神経及びリンパ節は精巣に伴って下降する。(M.124)


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 陰嚢水瘤と診断され経過観察された精巣成熟奇形腫の1例
  • 金田 英秀,杉藤 公信,吉澤 信輔 [他],植草 省太,川島 弘之,古屋 武史,大橋 研介,井上 幹也,池田 太郎,越永 従道
  • 日本小児外科学会雑誌 48(4), 754-758, 2012-06-20
  • … 陰嚢水瘤と診断され経過観察された精巣成熟奇形腫の1例を報告する.症例は,1歳10か月時に右陰嚢水瘤の診断で腹膜鞘状突起高位結紮術と水瘤開放術を施行した.術中に,右陰嚢内に充実性の腫瘤を認め,生検にて成熟奇形腫の診断であった.1歳11か月時に右高位精巣摘除術を施行した. …
  • NAID 110009470931
  • 陰嚢水腫に対するLaparoscopic Percutaneous Extraperitoneal Closure (LPEC)法
  • 岩出 珠幾,住田 亙,高須 英見 [他],渡邉 芳夫,町田 水穂,好沢 克,高見澤 滋
  • 日本小児外科学会雑誌 48(4), 705-709, 2012-06-20
  • … ルニア手術において,腹腔鏡下経皮的腹膜外ヘルニア閉鎖術(Laparoscopic percutaneous extraperitoneal closure:LPEC法)の有用性が報告されている.一方で,腹膜鞘状突起の開存を認める陰嚢水腫に対するLPEC法の有用性についての報告は少ない.今回,小児例に多い腹膜鞘状突起の開存を伴う陰嚢水腫に対してLPEC法を行い,その有用性を検討したので報告する.【対象と方法】2005年4月から2010年12月まであいち小児保健医療 …
  • NAID 110009470922

関連リンク

そけいヘルニア(鼠径ヘルニア)は小児外科で扱うことの最も多い疾患です。 腹膜の袋(腹膜鞘状突起、ふくまくしょうじょうとっき)に腸管や卵巣が脱出し、そけい部がふくらみます。
お腹の壁の一番内側は腹膜という袋に包まれています.お子さんがお母さんのお腹の中にいる頃,胎生3ヵ月のはじめにこの袋の一部(腹膜鞘状突起: ...

関連画像

腹腔鏡下腹膜鞘状突起閉鎖用針 この2つの理由により発症 腹膜 鞘 状 突起 を 剥離 します 腹膜鞘状突起切断法の術式腹膜鞘状突起切断法の術式鞘状突起


★リンクテーブル★
リンク元ヌック管
拡張検索腹膜鞘状突起
関連記事突起

ヌック管」

  [★]

canal of Nuck
鞘状突起


腹膜鞘状突起」

  [★]

vaginal process of peritoneum
子宮円索


突起」

  [★]

processprotrusion
加工過程突出プロセシングプロセスプロセッシング方法膨隆隆起工程突出症




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡