非結合型薬物

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • キャピラリー電気泳動を用いるヒトα_1-酸性糖タンパク質の薬物結合研究
  • 黒田 幸弘,澁川 明正,中川 照眞
  • 藥學雜誌 123(9), 781-788, 2003-09-01
  • … 生体に投与された薬物は血液中に移行しアルブミンやα_1-酸性糖タンパク質(AGP)など複数のタンパク質とタンパク結合平衡状態で存在する.この時,非結合型薬物のみが血管壁を透過し組織に移行することからタンパク結合は薬理効果や副作用の発現,薬物体内動態に影響を与える.また,タンパク質自身がキラルな高分子であるので,光学活性な薬物のタンパク結合は異性体間で異なることが多い.さらにAGPを始めとするいくつ …
  • NAID 110003614924
  • 非拘束微小透析法による皮内非結合型薬物動態評価
  • 畑中 潤一,須崎 沙智代,黒崎 勇二,福田 和也,境 美智順,佐藤 秀次
  • 薬剤学 = Journal of Pharmaceutical Science and Technology, Japan 63, 201, 2003-03-05
  • NAID 10018621559
  • 高速先端分析法の開発と薬物-タンパク結合研究への応用
  • 中川 照眞,渋川 明正
  • 分析化学 40(5), 203-214, 1991-05-05
  • … 高速先端分析法(high-performance frontal analysis, HPFA)は, 薬物-タンパク質結合平衡状態にある非結合型薬物濃度測定を目的として著者らが開発した新しいHPLC分析法である.本論文では, HPFAの原理並びに特徴について述べる.HPFA法は, 従来のHPLC装置を用い, タンパク質のような巨大分子をサイズ排除するが低分子量薬物は逆相保持するような制限進入(restricted-access)タイプのHPLCカラムを使用して行われる.このカラムに, 移動相の流 …
  • NAID 110002906264

関連リンク

薬物-血清 混合溶液 非結合型薬物 タンパク結合型薬物 超遠心前 分離が不十分な 超遠心後 タンパクの分布 タンパク結合率測定 [概 要] 生体内に吸収された医薬品のうち、血清タンパクや組織タンパクと結合していない非結合型薬物が ...
plasma protein binding 血液(血漿)中で薬物は、一部は遊離した(非結合)薬物として、一部は血漿タンパク質と結合した状態で存在する。血漿タンパク質への薬物の結合率は質量作用の法則に従う可逆的相互作用で決定される。

関連画像

薬物の生態膜を介した輸送に関 第86回薬剤師国家試験(平成13 を超えたCRRT CRRT時の薬物 1.くすりと生体・・・薬理学図1 N -結合型糖鎖の構造と 東大、自然免疫における核酸


★リンクテーブル★
関連記事結合」「薬物」「非結合

結合」

  [★]

bindingbondlinkageconnectionconjugationconjunctionunionbonding、engagement,
bindassociateconjugatecombineconnectcoupleengagejoindockligateconjoin
会合関係関与関連協同共役組み合わせ結合性結紮結線従事接合接合体同僚ドッキングバインディング複合物付随併用抱合抱合体結びつける約束癒合癒着連関連結連合連鎖連接、連絡、団結組合参加接続一対合併組み合わせるカップル組合せ


薬物」

  [★]

drug, medication, medicament
薬物中毒薬物依存薬物濫用
処方ドラッグ麻薬薬剤薬剤負荷薬物療法薬物適用薬品


非結合」

  [★]

unboundnonbondednonbonding
非結合性




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡