非特異療法

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 気管支喘息の非特異療法について : 東北地方の臨床集計成績
  • 光井 庄太郎 [他],須藤 守夫,坂東 武志,赤坂 喜三郎
  • アレルギー 28(10), 738-746, 1979-10-30
  • … 東北地方19施設の協力を得て集計した各種の非特異療法を1年以上施行した症例250例について検討し, 以下の成績を得た.金療法は29才以上の44例に施行し, 発作型66%, 慢性型25%で発作型の改善率が高かった.病型, 重症度別の改善率は差がなかった.全体では3ヵ月後20. …
  • NAID 110002411626
  • 非特異療法の最近の問題点 (小児の気管支喘息(第22回パネルディスカッション))

関連リンク

特徴 ヒスタグロビン注射は非特異的減感作療法であり、各種アレルギー反応を抑制するヒスタグロビンを皮下注射することにより、アレルギーを起こしにくい体質にする根本治療です。 全ての方に同じ効果があるわけではありません。
自然免疫(非特異的免疫)とは、敵(抗原)の侵入に気がついて最初に駆けつける免疫反応のこと。顆粒球、マクロファージ、NK細胞(ナチュラル・キラー細胞)、樹状細胞といった免疫細胞は、自分以外の敵を見つけるとすぐさま ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事」「療法」「特異

法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


療法」

  [★]

therapyregimencureremedytherapeutic


特異」

  [★]

singular
唯一



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡