非感染創

出典: meddic

和文文献

  • 非感染創の管理 (特集 エビデンスに基づく周術期の感染予防ケア)
  • 中耳手術におけるアテロコラーゲン真皮欠損用グラフトの使用経験
  • 頭頸部外科 = Journal of Japan Society for Head and Neck Surgery 7(1), 31-35, 1997-06-30
  • NAID 10025708190

関連リンク

6.手術創感染対策 大久保 憲 6-1 創感染の定義 創感染( wound infection)とは手術に際して一次切開した部位の感染である。この切開部の感染は皮膚と皮下組織に限局するもの(切開部表層創感染)と,深部の軟部 ...
診 断 2 | ベ ストプラクティ の原則 創感染は、主に臨床上の根拠に基づいて診断される。その評価の際は、患者、創部周辺の組織、およ び創部の状態から創感染の徴候や症状を調べるとともに、感染リスクおよび感染の重症度を増大させ

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事感染

感染」

  [★]

infection
定着感染症不顕性感染顕性感染サブクリニカル感染
  • 細菌が宿主の体表面、体内や組織内に付着して増殖し、定着している状態。
  • 感染の成立には微生物(定着能、増殖能、細胞内進入能、毒素産生能などを総合した病原性)と宿主(排除能、殺菌能などの生体防御機構)の力関係が崩れたときに生じる






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡