非伝導性期外収縮

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

へたれ循環器専門医先生による、Hヘンリーさんの非伝導性期外収縮についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。 会員登録をして 全ての医師回答を見る
Blocked PAC(非伝導性心房期外収縮)について、質問コーナーに問い合わせがありますので、ここで説明します。これは、心房期外収縮(早期収縮)が、より早期に起こり、その出現時期が前の心電図のT波の途中付近であると、(以前 ...
不規則な場合はもとのリズム(通常は洞調律)より早く出ているか(上室期外収縮)? 遅く出ているか(上室補充収縮)? そのP波は心室に伝導されてQRS-T波を伴って いるか(房室伝導あり)? 心室への伝導の時間(PQ間隔)は ...

関連画像

画像の説明上室性期外収縮イメージ 1非伝導性上室性期外収縮


★リンクテーブル★
関連記事期外収縮」「伝導

期外収縮」

  [★]

premature beat, extrasystole, premature contraction
期外収縮後増強


定義

  • 基本調律の収縮に先行して、中枢以外の部位が起源となった収縮。この場合、中枢とは洞房結節を指す。

分類

  • 期外収縮により脈が抜ける → 間をおいた後の脈波強く打つ
  • 期外収縮が脈に間挿される → 間入性心室期外収縮 interpolated extrasystole

機序

  • リエントリー
  • 異所性自発能亢進
  • 誘発活動(triggered activity

病態

  • 健常人に発生するもの → 予後は良好
  • 器質性心疾患に合併 → 治療が必要

症状

  • 無症状~動悸、結滞、前胸部不快、胸痛

身体検査

  • 脈拍の結滞、心拍の不整

検査

心電図 IMD.792

  P波 QRS
SVPC あり(異所性P波。形は変化) narrow
VPC なし wide

連結期の長さによる分類

  • 連結期が一定 → 固定連結期  多い
  • 連結期が不定 → 多原性あるいは副調律の可能性

期外収縮の挿入による基本調律の延長の有無による分類

  • 期外収縮の挿入により基本調律の間隔が長くなること → 代償休止 (非房室伝導性PAC(blocked PAC)や完全代償休止期を伴う非陥入性PVCではRR間隔が長くなる
  • 完全代償休止 :基本調律収縮間隔の2倍
  • 不完全代償休止:基本調律収縮間隔の2倍より短い


伝導」

  [★]

transduction, conduction
興奮伝導伝達


  • ニューロン介して情報が活動電位として伝わることを伝導という、と思う。
  • 伝達とは確実に区別する




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡