非ステロイド抗炎症薬

出典: meddic

nonsteroidal antiinflammatory drug
非ステロイド性抗炎症薬非ステロイド消炎鎮痛薬非ステロイド系抗炎症薬非ステロイド系消炎鎮痛薬非ステロイド系消炎薬非ステロイド性消炎鎮痛薬非ステロイド性消炎鎮痛剤


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 変形性膝関節症患者の運動機能障害を予測するClinical Prediction Ruleの抽出:立ち上がり速度をアウトカムとした1年間の縦断研究
  • 天野 徹哉,玉利 光太郎,浅井 友詞,河村 顕治
  • 日本理学療法学術大会 2012(0), 48100102-48100102, 2013
  • … 研究デザインは前向きコホート研究で,ベースライン調査として基本属性である性別・年齢・身長・体重の4項目,医学的属性である障害側(両側性または片側性)・非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)使用の有無・関節内注射の有無・関節穿刺排液の有無の4項目,身体機能である膝伸展筋力・膝屈曲筋力・大腿四頭筋に対するハムストリングの筋力比(H/Q比)・疼痛(VAS)・膝関節伸展可動域・膝関節屈曲可動域の6項目の …
  • NAID 130004584688
  • 関節リウマチと鑑別診断が困難であった胃癌による calcinomatous polyarthritis の1例
  • 栗原 夕子,奥 佳代,鈴木 厚,大曽根 康夫,岡野 裕
  • 日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology 35(5), 439-445, 2012-10-31
  • … 両肘関節の疼痛,腫脹,両肩関節痛,頚部痛,腰痛,運動制限が出現し歩行困難となり,2010年1月当科受診した.対称性多関節炎,CRP高値を認めたが,リウマトイド因子と抗CCP抗体は陰性であった.非ステロイド抗炎症薬の投与を行ったが関節痛の改善は得られなかった.食欲不振と貧血の精査のため上部消化管内視鏡検査を施行したところ,幽門部に胃癌を認めた.胃癌切除後速やかに多関節炎は軽快しCRP値も低下し …
  • NAID 10031130844
  • よく使う日常治療薬の正しい使い方 非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)の正しい使い方
  • 岡崎 仁昭
  • レジデントノート 14(9), 1773-1775, 2012-09
  • NAID 40019411706

関連リンク

関連画像

では、非ステロイド系抗炎症薬 非ステロイド性抗炎症薬の作用 がんの痛みを取るために 抗炎症薬の種類非ステロイド性抗炎症薬」に 非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.


★リンクテーブル★
先読み非ステロイド系抗炎症薬」「nonsteroidal antiinflammatory drug
リンク元腎前性腎不全」「非ステロイド系消炎薬」「非ステロイド消炎鎮痛薬」「非ステロイド性消炎鎮痛剤」「非ステロイド性消炎鎮痛薬
関連記事炎症」「」「抗炎症」「抗炎症薬」「ステロイド

非ステロイド系抗炎症薬」

  [★] 非ステロイド性抗炎症薬

nonsteroidal antiinflammatory drug」

  [★] 非ステロイド性抗炎症薬

腎前性腎不全」

  [★]

prerenal failure
肝腎症候群腎不全急性腎不全

病因

体液量減少

  • 消化管からの体液喪失
  • 腎性喪失:利尿薬、尿細管障害、アジソン病など
  • 出血
  • third spaceへの喪失
  • 有効循環血液量の減少

低血圧

腎の血行動態変化

診断

利尿薬を使用していない患者の腎前性腎不全の診断

考える技術第2版 p.529
  腎前性腎不全 腎性腎不全
(急性尿細管壊死)
利尿薬を使用していない腎前性腎不全の
診断に関する検査特性
感度(%) 特異度(%) 陽性尤度比 陰性尤度比
尿Na (mEq/L) <20 >20 90 82 5 0.12
FENa (%) <1 >2 96 95 19 0.04
FEurea (%) <35 >50 90 96 22.5 0.1

非ステロイド系消炎薬」

  [★]

nonsteroidal antiinflammatory drug
非ステロイド性抗炎症薬非ステロイド消炎鎮痛薬非ステロイド系抗炎症薬非ステロイド抗炎症薬非ステロイド系消炎鎮痛薬非ステロイド性消炎鎮痛薬非ステロイド性消炎鎮痛剤


非ステロイド消炎鎮痛薬」

  [★]

nonsteroidal antiinflammatory drug
非ステロイド性抗炎症薬非ステロイド系抗炎症薬非ステロイド抗炎症薬非ステロイド系消炎鎮痛薬非ステロイド系消炎薬非ステロイド性消炎鎮痛薬非ステロイド性消炎鎮痛剤

非ステロイド性消炎鎮痛剤」

  [★]

nonsteroidal antiinflammatory drug
非ステロイド性抗炎症薬非ステロイド消炎鎮痛薬非ステロイド系抗炎症薬非ステロイド抗炎症薬非ステロイド系消炎鎮痛薬非ステロイド系消炎薬非ステロイド性消炎鎮痛薬

非ステロイド性消炎鎮痛薬」

  [★]

nonsteroidal antiinflammatory drug
非ステロイド性抗炎症薬非ステロイド消炎鎮痛薬非ステロイド系抗炎症薬非ステロイド抗炎症薬非ステロイド系消炎鎮痛薬非ステロイド系消炎薬非ステロイド性消炎鎮痛剤

炎症」

  [★]

inflammation
炎症反応 inflammatory reaction
  • 急性炎症による有害な刺激物が除去され組織が修復されるが、障害が続けば慢性炎症となる。

主徴 (BPT.32)

原因

  • 病原微生物の感染
ウイルス、リケッチア、細菌、真菌、原虫、寄生虫
  • 外傷
  • 物理的刺激
日光、放射線物質、電気的刺激、摩擦
  • 化学的刺激
酸・アルカリ
  • 壊死物
  • 異物
  • 免疫学的な刺激(アレルギー、自己免疫疾患)

分類

  • 急性 acute
比較的短期間で終了し滲出と好中球浸潤が主体
  • 亜急性 subacute
  • 慢性 chronic
長時間持続し、組織増殖とリンパ球・組織球浸潤が主体
  急性炎症 慢性炎症
概要 滲出性病変が主体 増殖性変化が主体
経過 急性・一過性 遷延性・潜行性
血管 血管透過性亢進 血管新生
間質組織 充血・浮腫 線維芽細胞・血管・間質結合組織の増生
浸潤細胞 好中球→マクロファージ→リンパ球

急性炎症 (BPT.33)

  • vascular change
vasolilation
increased vascular permeability
  • cellular events
cellular recruitment and activation

慢性炎症

薬」

  [★]

drug, agent
薬物
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品



抗炎症」

  [★]

antiinflammationanti-inflammatoryantiinflammatory
抗炎症性抗炎症薬消炎消炎性

抗炎症薬」

  [★]

anti inflammatory drug, anti-inflammatory drugs
anti phlogistica
消炎薬 antiphlogistics


ステロイド」

  [★]

steroid
コルチコステロイドステロイドホルモン






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡