静脈路確保

出典: meddic

ルート確保血管確保静脈確保
静脈路
  • 研修医が突き当たる壁の一つ


参考

お助けグッズを使えばらくだけど・・・
  • 非接触型静脈可視化装置 StatVein
[display]http://www.technomedica.co.jp/t01/product/rs06.html
  • 赤色LEDライト MK-02GX
[display]http://redlight.jp/page043.html
  • アトムインファライト® : 製品情報 | アトムメディカル株式会社
[display]http://www.e-dobe.co.jp/www.atomed.co.jp/product/cat_neonatology/detail/40
  • ポケット型 静脈ライト べインライトEMS
[display]http://www.kohkenmed.co.jp/seihin/syousai.php?id=171


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/04/25 23:34:05」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 中心静脈路確保 (特集 研修医のためのER診療マニュアル(2)基本手技・検査編) -- (血管)
  • 五来 厚生,坂尾 幸則
  • 救急医学 36(4), 402-405, 2012-04
  • NAID 40019292868
  • 末梢静脈路確保 (特集 研修医のためのER診療マニュアル(2)基本手技・検査編) -- (血管)
  • 救急看護基礎力UP講座(第3回)静脈路確保/輸液・薬剤投与
  • 長嶺 貴一
  • エマージェンシー・ケア 24(10), 986-990, 2011-10
  • NAID 40019009554
  • 静脈切開法(cutdown) (特集 内科医に必要な基本的診療手技のノウハウ)

関連リンク

静脈路確保(じょうみゃくろかくほ)とは、静脈内に針やチューブを留置して輸液路を確保 する処置である。静脈ルート確保、静脈ライン確保などとも呼ばれる。静脈路確保により 、薬剤を必要時に直ちに静脈内投与することが可能になる。手技は末梢静脈、中心 ...
2011年4月27日 ... 静脈路確保1.wmv. maeda119fd·14 videos. Subscribe Subscribed Unsubscribe 13. 9,244 .... views · 4:04. Watch Later 超音波ガイド下内頚静脈穿刺by theOSsRider 8,421 views · 0:29. Watch Later 気道管理:ビデオ喉頭鏡【詳しくは ...

関連画像

スライド 22 / 54この間静脈路確保した時に刺静脈路確保困難モデル LM-086静脈路確保用セット静脈路確保の資器材


★リンクテーブル★
先読み静脈確保
国試過去問100C025」「100D037」「107F029」「112D053」「097F034」「096F041」「112D038」「111B059」「099G001」「110H026」「099C025」「097F019」「100I019」「102H026」「101H031」「103B047」「109E004」「102H010
関連記事確保」「静脈

静脈確保」

  [★]

establishment of venous route
血管確保



100C025」

  [★]

  • 次の文を読み、25~27の問いに答えよ。
  • 55歳の男性。激しい胸痛のため救急車で搬入された。
  • 現病歴:1週前から階段を昇るときに前胸部痛を自覚したが安静にて消失するため放置していた。今朝から激しい前胸部痛が出現し持続している。
  • 既往歴:48歳から高脂血症で加療中である。
  • 現症:意識は清明。顔面は苦悶様である。体温36.6℃。呼吸数25/分。脈拍64/分、整。血圧144/96mmHg。貧血と黄疸とを認めない。皮膚は冷汗をかき湿潤である。心雑音はない。呼吸音に異常を認めない。腹部は平坦。下腿に浮腫を認めない。
  • 検査所見:尿所見:比重1.018、蛋白(-)、糖(-)、潜血(-)、沈渣に異常を認めない。血液所見:赤血球520万、Hb16.7g/dl、Ht50%、白血球10,400、血小板26万。血清生化学所見:尿素窒素28mg/dl、クレアチニン1.1mg/dl、AST55単位、ALT20単位、LDH350単位(基準176~353)、CK680単位(基準10~40)、Na144mEq/l、K4.2mEq/l、Cl106mEq/l。心電図を以下に示す。
  • まず行う処置はどれか。2つ選べ。


  • ST上昇:II.III.aVF。(軽度)V5,V6 →下壁梗塞 + 側壁梗塞
  • ST低下:(reciprocal change)I,aVL,V1-V4


[show details] [正答]
※国試ナビ4※ 100C024]←[国試_100]→[100C026

100D037」

  [★]

  • 次の文を読み、37、38の問いに答えよ。
  • 68歳の男性。下腹部の痛みと尿が出ないこととを主訴に来院した。
  • 現病歴 : 3年前から頻尿、残尿感および排尿困難があったが放置していた。2時間前に自宅で晩酌をしていたところ、下腹部に痛みが出現し、触ると痛みが増強した。排尿ができず、痛みも持続している。
  • 既往歴 : 5年前から高脂血症を指摘されているが放置している。
  • 生活歴 : 喫煙20本/日を30年間。飲酒晩酌程度。
  • 現症 : 意識は清明。身長163cm、体重65kg。体温36.5℃。脈拍100/分、整。血圧156/90mmHg。上腹部はほぼ平坦で、肝・脾は触知しない。下腹部は軽度膨隆しており、正中に腫瘤を触知し、同部に圧痛を認める。下肢に浮腫を認めない。骨盤部超音波写真を以下に示す。


  • この患者にまず行うのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100D036]←[国試_100]→[100D038

107F029」

  [★]

  • 次の文を読み、28、29の問いに答えよ。
  • 19歳の男性。左胸痛を主訴に来院した。
  • 現病歴:昨日の夕方、散歩中に左胸の痛みに気付いた。深呼吸をするとさらに息が苦しくなる感じがした。自宅で様子をみていたが改善しないため、本日朝、徒歩で来院した。胸痛は我慢できないほどではない。
  • 既往歴:12歳時に虫垂切除術。
  • 家族歴:祖父が肺癌のため72歳で死亡。
  • 現症:意識は清明。身長176cm、体重58kg。体温36.5℃。脈拍88/分、整。血圧124/72mmHg。呼吸数20/分。SpO2 97%(room air)。体位による痛みの変化を認めない。橈骨動脈の触知は良好で左右差を認めない。足背動脈の触知は良好で左右差を認めない。下腿浮腫を認めない。
  • 次に行うべき対応はどれか。
  • a 帰宅許可
  • b 酸素投与
  • c 静脈路確保
  • d 心電図モニター装着
  • e 胸部エックス線撮影


[正答]


※国試ナビ4※ 107F028]←[国試_107]→[107F030

112D053」

  [★]

  • 65歳の男性。糖尿病の教育入院中である。退院予定日の午前4時に突然の前胸部痛を自覚し、30分程度我慢したが症状が持続するため、病棟スタッフに訴えた。これまでに同様の症状を自覚したことはない。60歳時から糖尿病に対し経口糖尿病薬で治療中である。家族歴に特記すべきことはない。意識は清明。体温 36.6℃。心拍数 104/分、整。血圧 160/94mmHg。呼吸数 20/分。SpO2 94%(room air)。心雑音はないが、奔馬調律を聴取する。呼吸音に異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。下肢に浮腫を認めない。直ちに記録した心電図(別冊No. 27)を別に示す。
  • この患者に対する初期対応として適切でないのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 112D052]←[国試_112]→[112D054

097F034」

  [★]

  • 次の文を読み、33、34の問いに答えよ。
  • 26歳の1回経妊、未産婦。今朝、多量の性器出血と下腹部痛とが突然出現したため来院した。
  • 現病歴 : 2か月前に経ロ避妊薬の服用を中止し、消退出血があった。その後、持続する性器出血があったが、自然に消失した。
  • 現症 : 意識は清明。身長156cm、体重50㎏。体温36.5℃。臥位で、脈拍68/分、整。血圧104/76mmHg。腹部はほぼ平坦であるが、下腹部に圧痛を認める。双合診で子宮の大きさは鷲卵大、軟。両側付属器に異常を認めない。膣鏡診で外子宮ロから多量の出血を認める。
  • 検査所見 : 血液所見:赤血球380万、Hb11.2g/dl、Ht35%、白血球6,300、血小板19万。
  • この患者の処置について正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097F033]←[国試_097]→[097F035

096F041」

  [★]

  • 次の文を読み、41、42の問いに答えよ。
  • 65歳の男性。吐血のため救急車で来院した。
  • 現病歴 : 2日前から風邪気味で感冒薬を服用していた。今朝、突然嘔気があり洗面器一杯の新鮮血液を吐血した。
  • 既往歴 : 25年前に胃切除術の際に輸血を受けた。数年前から肝硬変を指摘されていた。
  • 現症 : 身長165cm、体重61kg。体温36.6℃。脈拍120/分、微弱、整。血圧72/40mmHg。皮膚は蒼白で頚部にクモ状血管腫がみられる。眼瞼結膜に著明な貧血を認め、眼球結膜に黄疸を認める。胸部所見では心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は軽度膨隆し、肝・脾は触知しない。
  • 直ちに行うべきことはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096F040]←[国試_096]→[096F042

112D038」

  [★]

  • 出生直後の新生児。妊娠36週までの妊婦健康診査では児の発育は順調であったが、妊娠37週2日に母親に下腹部痛と性器出血が出現し、胎児心拍数陣痛図で遅発一過性徐脈を繰り返し認めたため緊急帝王切開で出生した。心拍数60/分。出生時から自発呼吸がなく、全身にチアノーゼを認める。刺激をしても反応がなく、全身がだらりとしている。娩出後30秒の時点で自発呼吸を認めない。外表奇形を認めない。
  • この時点で開始する処置として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 112D037]←[国試_112]→[112D039

111B059」

  [★]

  • 次の文を読み、59~61の問いに答えよ。
  • 63歳の男性。吐血のため救急車で搬入された。
  • 現病歴:2年前から食後に心窩部痛を感じていたが、多忙であったために医療機関を受診していなかった。最近になって、常に心窩部不快感があり食欲低下と全身倦怠感とを感じるようになった。2日前に便が黒いことに気付いたが、今朝、排便後に真っ赤な血を大量に吐いたため救急車を要請した。
  • この患者への対応として必要性が低いのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 111B058]←[国試_111]→[111B060

099G001」

  [★]

  • 34歳の初妊婦。妊娠34週の妊婦健康診査のため来院した。
  • 現在までの妊娠経過に異常を認めない。身長160cm、体重65kg(非妊時55kg)。血圧120/84mmHg。子宮底長30cm。下肢に軽度の浮腫を認める。
  • 尿所見:蛋白(-)、糖(-)。
  • 超音波検査所見:羊水量正常、第1骨盤位、胎児推定体重2,300g。超音波検査が終了するころに、患者は次第に息苦しさと嘔気とを訴えるようになった。
  • まず行うのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099F050]←[国試_099]→[099G002

110H026」

  [★]

  • 4歳の男児。全身けいれんが持続するため救急車で搬入された。昨日から39℃以上の発熱があったという。食事と水分の摂取はやや低下しているが嘔吐や下痢はなく、排尿はあったという。今朝、全身けいれんが始まり約20分間持続しているため母親が救急車を要請した。来院時もけいれんが持続している。
  • まず行うべき処置として適切でないのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 110H025]←[国試_110]→[110H027

099C025」

  [★]

  • 38歳の男性。強い呼吸困難のため救急車で搬入された。同僚によると朝から喉が痛いため、ヨード剤でうがいをし、市販のトローチをなめたところ、15分経過したころから次第に呼吸が苦しくなってきたという。来院時、呼びかけに応答はなく、頚動脈の拍動をわずかに触知する。顔面にはチアノーゼが著明である。
  • まず行う処置はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099C024]←[国試_099]→[099C026

097F019」

  [★]

  • 65歳の女性。突然発症した左前胸部痛と呼吸困難とを訴えて来院した。来院時、呼吸数32/分。脈拍116/分、整。血圧92/58mmHg。顔貌は苦悶様である。左胸部で呼吸音は聴取されない。胸部エックス写真を以下に示す。
  • この患者の治療で最も重要なのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 097F018]←[国試_097]→[097F020

100I019」

  [★]

  • 分娩直後の新生児。在胎39週、経膣分娩で出生した。出生直後に啼泣はなく自発呼吸も認めない。妊娠経過に異常を認めなかった。分娩時間12時間。胎児心拍数陣痛図には、分娩30分前から変動一過性徐脈が出現していた。心拍数120/分。四肢にチアノーゼを認め、筋緊張は弱い。
  • 直ちに行う必要がないのはどれか。
  • a. 酸素投与
  • b. 足底刺激
  • c. 静脈路確保
  • d. 気道分泌物吸引
  • e. 乾布での全身刺激
[正答]


※国試ナビ4※ 100I018]←[国試_100]→[100I020

102H026」

  [★]

  • 40歳の男性。仕事中、大量に吐血して搬入された。意識は清明。体温36.1℃。脈拍120/分、整。血圧76/50mmHg。顔面は蒼白。腹部は平坦、軟。上腹部に圧痛を認めるが、筋性防御は認めない。血液所見:赤血球260万、Hb8.4g/dl、Ht26%、白血球12,000、血小板23万。  
  • 対応として適切でないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102H025]←[国試_102]→[102H027

101H031」

  [★]

  • 76歳の男性。自室で意識を失っているところを発見され搬入された。自室には空になった農薬の容器がころがっていた。呼吸は浅く努力様である。脈拍52/分、整。血圧68/50mmHg。口唇にチアノーゼを認める。 
  • 直ちに行うのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 101H030]←[国試_101]→[101H032

103B047」

  [★]

  • 分娩直後の新生児。在胎39週、経腟分娩で出生した。羊水混濁は認めない。出生直後に啼泣はなく自発呼吸も認めない。四肢にチアノーゼを認め、筋緊張は弱い。心拍数100/分。直ちに行うのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 103B046]←[国試_103]→[103B048

109E004」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 109E003]←[国試_109]→[109E005

102H010」

  [★]

  • 写真は何をしているところか。


[正答]
※国試ナビ4※ 102H009]←[国試_102]→[102H011

確保」

  [★]

reserve
準備蓄え貯蔵貯蔵型保留予備予約余裕量


静脈」

  [★]

vein (Z)
vena


  • 毛細血管から発生した静脈血を心臓に送るために使われる血管。





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1交叉感作性+薬剤20
2ダーゼン+添付文書14
3坊功婁カテーテルキット14
4篩状 面皰状 低乳頭 類臓器型13
5アイソボログラム13
6嘔吐 噴水12
7小刻み歩行+原因11
8股関節外転装具+装着方法10
9Frequency of Manual Blowdown mail8
10メタロプロテイナーゼ8
11グレー症候群+小児8
12下壁梗塞8
13エストロゲン インスリン グリコーゲン7
14鶏卵大+大きさ7
15セリンプロテイナーゼ6
16プロステーシス+整形外科6
17体幹ギプス固定 画像6
18+白衣を着る理由 看護師 原著6
19brom+tech+心臓6
20自律性増殖5

昨日の人気記事
 タイトル表示
1+30 copper sulphate .gr mail4
2Prawns and Crabs mail4
3しんきんしたい3
4コードウェルルック3
5断綴性言語2
6トリロスタン2
7小児++血液量++体重あたり量2
8デスドメイン2
9ペ二シラミン++空腹2
10狭窄音とは2
11Pubic+hair+成長2
12Soya Lecithin Animal Feed mail2
13Tibia+-+Free+Massively+Multiplayer+Online+Role-Playing+Game+-+MMORPG2
14Fischer mail2
15赤血球吸着試験2
16脛骨神経損傷2