電子常磁性共鳴

出典: meddic

electron paramagnetic resonance, EPR
電子スピン共鳴 electron spin resonance ESR
常磁性共鳴



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/04/20 17:53:00」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 高速電子常磁性共鳴イメージングによる3次元レドックス計測
  • 平田 拓
  • 日本薬理學雜誌 = Folia pharmacologica Japonica 140(4), 146-150, 2012-10-01
  • … 不対電子のエネルギー吸収を特異的に検出することができる電子常磁性共鳴(EPR)分光(電子スピン共鳴,ESRとも呼ばれる)は,フリーラジカル分子の研究において強力な計測手法となっている.EPR分光は,核磁気共鳴(NMR)とは兄弟関係にある磁気共鳴分光法であり,NMRイメージング(核スピンの可視化)同様に電子スピンの分布を可視化するイメージング法も30年来研究されてきた.近年になり,短時間で電子スピ …
  • NAID 10031072183
  • 3P-049 電子常磁性共鳴分光法による天然変性Staphylococcal Nuclease変異体の構造解析(蛋白質-物性(安定性,折れたたみなど),第47回日本生物物理学会年会)
  • Sawada Hiroki,Madhu S.Budamagunta,Kamikubo Hironari,Yamazaki Yoichi,Yamaguchi Mariko,John C. Voss,Kataoka Mikio
  • 生物物理 49(SUPPLEMENT_1), S159, 2009-09-20
  • NAID 110008101903
  • 多脚型ペプチド-Gd(III)錯体の電子常磁性共鳴スペクトル
  • 久米 英一,宮本 量
  • 希土類 = Rare earths (54), 210-211, 2009-05-21
  • NAID 10026104353

関連リンク

ESRはその対象物質の磁性の違いにより、電子常磁性共鳴(EPR : Electron Paramagnetic Resonance), 強磁性共鳴(FMR : Ferromagnetic Resonance)、反強磁性共鳴(AFMR 2 電子に ...
電子スピン共鳴(ESR)とは、不対電子をもつラジカルや常磁性イオンを測定するマイクロ波磁気共鳴吸収分光法である。電子常磁性共鳴(EPR)ともよばれ、核スピンを検出する核磁気共鳴(NMR)と共に広く用いられている。通常、電子はスピンの ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みESR
リンク元electron paramagnetic resonance」「EPR」「electron spin resonance
関連記事磁性」「常磁性共鳴」「共鳴」「電子」「常磁性

ESR」

  [★]



electron paramagnetic resonance」

  [★]

  • 電子常磁性共鳴
electron spin resonanceEPRparamagnetic resonance


EPR」

  [★]

  • 電子常磁性共鳴
electron paramagnetic resonance



electron spin resonance」

  [★] 電子常磁性共鳴 ESR


磁性」

  [★]

magnetismmagnetic
磁力マグネチックマグネティック

常磁性共鳴」

  [★]

paramagnetic resonance
電子常磁性共鳴電子スピン共鳴


共鳴」

  [★]

resonanceresonateresonant
共鳴性互変異性


電子」

  [★]

electron
消滅放射線



常磁性」

  [★]

paramagnetismparamagnetic




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡