雌性前核

出典: meddic

[[]]
[[]]



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • マウス卵子形成過程における5ヒドロキシメチル化シトシンのダイナミクス
  • 坂下 陽彦,小林 久人,井関 陽介,若井 拓哉,外丸 祐介,河野 友宏
  • 日本繁殖生物学会 講演要旨集 106(0), OR1-33-OR1-33, 2013
  • … その結果,Dnmt3L欠損において卵子核および雌性前核の5mCシグナル強度は野生型と比較して70%低下したのに対し,5hmCシグナルに明確な差はなかった。 …
  • NAID 130005051046
  • クラゲ卵における極体形成および精子付着・融合過程のビデオ撮影
  • 出口 竜作,荒川 美緒,金 洋太 [他],小野寺 麻由,石森 彩希,並河 洋
  • 宮城教育大学紀要 46, 97-106, 2011
  • … また、タマクラゲとエダアシクラゲの卵に媒精した後の過程については、精子の付着・融合が動物極の周辺(エダアシクラゲでは、特に雌性前核の周縁部)で起こること、最初に付着した精子が融合に至り、その後の精子は融合できないこと、融合の際に精子が横向きになること、精子の融合に伴って卵が変形すること、などが見出された。 …
  • NAID 110008767598
  • 第2極体放出阻止のための高温および低温刺激を受けたニゴロブナ卵における人為雌性発生の細胞学的機構
  • 小林 徹,根本 守仁
  • 水産増殖 = The aquiculture 58(3), 337-343, 2010-09-20
  • … CSTの後、第二減数分裂の紡錘体が消失し、カリオメアと半数性核、あるいは二倍性核が、雌性前核と極体の代わりに観察された。 …
  • NAID 10029846492

関連リンク

受精卵で形成される精子由来の核。精子が運んできた父親の遺伝情報を保持する。雄性前核は受精卵の端部で形成された後、受精卵の中心部へ移動し、雌性前核と融合する。雌性前核は母親の遺伝情報を保持する卵子由来の核である。
卵子雌性前核内への雄性配偶子核注入による受精獲得の試み Induction of fertilization by intrapronuclear male gameteinjections into oocyte ... 研究期間 1999年度~2000年度 研究分野 泌尿器科学 審査区分 一般 研究種目 基盤研究(C)

関連画像

16)雌雄二つの前核が見えます ⑭雌性前核(卵由来の核)と 日 翌朝 の 胚 で は 雌性 前 核雌性前核の形成受精の瞬間をもう少し詳しく  雄性前核)と卵子側の前核


★リンクテーブル★
リンク元female pronuclei
関連記事雌性」「

female pronuclei」

  [★]

雌性前核

female pronucleus


雌性」

  [★]

female, female sex
女性メス女子


核」

  [★]

nucleus, nuclei
細胞核
細胞





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡