隅角蓄膿

出典: meddic

angle hypopyon


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

返し生じるのが特徴である.多くの場合,前房蓄膿は数 日〜1週間程度で消失し,前眼部炎症自体も1〜2週間 程度で鎮静化していく. .隅角 隅角蓄膿(anglehypopyon)は前房蓄膿の消退過程や,はじめから量的に少ない前房蓄膿の場合に ...
Diagnosis: 前房蓄膿または偽前房蓄膿(幼児の網膜芽細胞腫疑い) Comment to photo: 小児の眼で球状の浸潤物を伴ったドーム状の前房蓄膿が8時~10時部にみられる。続発性の開放隅角緑内障を生じたため眼球結膜の充血も認められる。

関連画像

商品説明 モリちくのう錠は 前房・隅角のサイン;まず筋の種類としては,大きく 三 叉神経反射による.対光 蓄膿 について です 前房 蓄膿 追補版(2013)23ページ 43-35


★リンクテーブル★
関連記事隅角」「蓄膿

隅角」

  [★]

chamber angle
前房隅角


蓄膿」

  [★]

empyema
膿瘍




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡