陶器様胆嚢

出典: meddic

-磁器様胆嚢


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P-1-565 胆嚢癌を併発した陶器様胆嚢との鑑別が困難だったGauzeomaの1例(外傷・腹膜炎・その他の腫瘍2,一般演題(ポスター),第64回日本消化器外科学会総会)
  • 渋谷 誠,三浦 文彦,天野 穂高,豊田 真之,和田 慶太,加藤 賢一郎,門脇 晋,長島 郁雄,高田 忠敬,浅野 武秀
  • 日本消化器外科学会雑誌 42(7), 1193, 2009-07-01
  • NAID 110007719142
  • 腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行した陶器様胆嚢の1例
  • 中嶋 潤,佐々木 章,川村 英伸 [他]
  • 岩手医学雑誌 58(2), 137-141, 2006-06-01
  • NAID 110004626166

関連リンク

>画像所見 : 腹部胸部単純 X 線写真で右上腹部にリング状の不整な石灰化がみられる。CT では胆嚢壁に一致した石灰化であることが分かる。US では胆嚢内腔が描出されず、胆嚢に一致して音響陰影がみられる。 >診断 : 陶器様 ...
文献考察:陶器様胆嚢(porcelain gallbladder) 1)【肝胆膵領域における腫瘍性病変の画像と病理】 腫瘍に関連する肝・胆・膵の画像と病理 胆道 陶器様胆嚢 Author:小山祐康(東京女子医科大学 臨床検査科), 土岐文武
日消外会誌 20(8)t1980~ 1983,1987年 胆嚢癌を併存した陶器様胆嚢の1例 平野 誠 厚生連高岡病院外科 橘川 弘勝 斉藤 裕 龍沢 俊彦 A CAS回 OF CARCINOMA IN THE PORCELAIN GALLBLADDttR Makoto HIRANO ...

関連画像

文献考察: 陶器様胆嚢 175 ) 80 歳代、女性。 無症状。porcelain gallbladderporcelain gallbladderporcelain gallbladder


★リンクテーブル★
リンク元胆嚢癌
関連記事胆嚢」「

胆嚢癌」

  [★]

gallbladder cancer, carcinoma of the gallbladder
胆道癌胆管癌

疫学

  • 高齢者女性。
  • 60歳代。男女比=1:2

リスクファクター(ガイドラインより)

  • 1. 膵・胆管合流異常
  • 胆管拡張をともなわない膵・胆管合流異常は胆嚢癌のハイリスクファクターである。
  • 膵・胆管合流異常の胆嚢において粘膜過形成,K-ras遺伝子変異,p53蛋白過剰発現が高頻度に認められる
  • 胆嚢癌の発生母地病変として腺腫や異型上皮,腸上皮化生が関与する可能性が報告されている
  • 胆嚢ポリープが10mm以上で,かつ増大傾向を認める場合,または大きさにかかわらず広基性病変では胆嚢癌の頻度が高いと考えられる。

不明

  • 現時点では胆嚢結石と胆嚢癌との直接的因果関係は証明されておらず,無症候性胆嚢結石の場合,長期間経過観察しても胆嚢癌が発生する危険は少ないといえる。
  • 胆嚢壁の石灰化や陶器様胆嚢と胆嚢癌との因果関係は現段階では統一見解がない。
  • 2. 胆嚢腺筋腫症
  • 現時点で胆嚢腺筋腫症が胆嚢癌のリスクファクターであるか否かの結論は得られていない。


早期癌

  • 早期胆嚢癌:組織学的深達度が粘膜(m)・固有筋層(mp)にとどまるもの。リンパ節転移の有無は問わない。癌の先端部がRokitansky-Aschoff sinusに限局していれば、深達度に寄らず粘膜内癌 (YN.B-74)

症状

  • 初期には無症状
  • 腹痛(72%)、黄疸(58%)、体重減少(47%)
  • 黄疸が出現した頃にはかなり進行している

検査

  • CT
[show details]

予後

  • 早期癌:op後の累積5年生存率は80%。
  • 進行癌:漿膜下層限局で5年生存率は50%。漿膜波及で10%。

ガイドライン

国試



胆嚢」

  [★]

gallbladder (Z)
vesica fellea
  • 図:N.290

解剖

  • 胆嚢径:長径8cm x 短径4cm以下
  • 胆嚢壁:3mm以下

胆管

血管

動脈

  • 後上膵十二指腸動脈と胃十二指腸動脈が十二指腸後部の胆管に血液を送る
  • 胆嚢動脈が胆管の近位部に血液を送る
  • 右肝動脈が胆管の中部に血液を送る

静脈

壁構造

胆嚢の収縮

臨床関連

胆嚢の徴候

胆嚢壁の肥厚


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.




嚢」

  [★]

滑液包ブルサポーチ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡