陰陽五行説

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/05/04 10:07:28」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 1B-1-1 紫の不思議 : 紫はなぜ高貴なのか(研究発表,第45回全国大会発表論文集)
  • 東洋医学の陰陽五行説に基づいた五臓六腑のペトリネットモデルの提案 (システム数理と応用)
  • 長田 栄二,呉 靭,中田 充 [他]
  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(466), 113-118, 2014-03-06
  • NAID 40020044790
  • 大阪府東大阪市、河内国一之宮の太古聖域、枚岡神社のお笑い神事と健康 : お笑い・免疫力・東洋医学の五行説
  • 古谷 昭雄,沢 勲,山根 眞人
  • 洞窟環境Net学会紀要 5(1), 127-139, 2014
  • NAID 40020085455

関連リンク

陰陽五行説(いんようごぎょうせつ) 古代中国では、自然界のあらゆるものを陰(いん)と陽(よう)にわけました。たとえば、太陽は陽で月は陰、奇数が陽で偶数が陰、表が陽で裏が陰という具合になります。こうした思想を陰陽 ...
陰陽五行説の基本的な思想を簡単に、わかりやすく説明しています。陰陽、五行ともに3つのポイントにまとめています。このポイントが、様々なジャンルに広がる陰陽五行思想の基本となります。

関連画像

図解:陰陽五行説による、五臓 陰陽五行説陰陽五行説とは、中国医学の 陰陽五行説


★リンクテーブル★
リンク元中国医学」「黄帝内経

中国医学」

  [★]

  • 三大古典の成立 前漢(前202-後8)~後漢(後25-後220)
黄帝内経:「素問」と「霊枢」からなる。陰陽五行説を基盤とする。基礎医学。臨床医学。現存最古の中国医学古典
神農本草経:生薬の薬効について記載された薬物学書で、365種類の動・植・鉱物薬が薬効別に、上薬・中薬・下薬に分類して収録。薬物学書
傷寒雑病論:張仲景によって記された。傷寒論と金匱要略に分けられた。
傷寒論:急性熱性病の治療について六病位に分けて記したもの
金匱要略:種々の慢性疾患について病名別に治療法を記したもの
  • 隋・唐
  • 金・元
  • 金元四大家により陰陽五行説を中心とした古典の整理がなされた
  • 明・清

黄帝内経」

  [★]

Huang di nei jing
現存最古の中国医学古典
  • 「素問」と「霊枢」からなる。陰陽五行説を基盤とする
  • 素問:生理、衛生、病理などの基礎医学
  • 霊枢:診断、治療、針灸術などの臨床医学




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡