除脳動物

出典: meddic


和文文献

  • 咀嚼運動と唾液分泌との関連性について
  • 西川 泰央,吉田 洋
  • 歯科医学 58(2), 123-132, 1995-04-25
  • 除脳動物を用いて口腔感覚による反射性の唾液分泌を調べたところ, 通常の咀嚼時に生ずるような非侵害刺激(触刺激および圧刺激)ではその分泌は少量であった. …
  • NAID 110001724617

関連リンク

大脳を除去、もしくは脳幹部を特定部位で切断した実験動物を広義に除脳動物(英: decerebrate animal、独:Enthirnungstier)といい、それぞれの脱落症状から除去脳 もしくは切断面以上の中枢を機能解析する。 また切断面より下位 ...
姿勢反射は脳幹を中脳と延髄の間で切断した延髄動物、延髄と脊髄の間で切断した 脊髄動物(低位除脳動物)でも見られる。中脳までを残した中脳動物(高位除脳動物) においては立ち直り反射が存在し、直立姿勢を保持できるが、中脳のない低位除脳動物 ...

関連画像

サイトで見る猫の動物実験の これは「除脳硬直」と言って 転載》 残酷なだけで無意味 お気に入り登録 友だち登録


★リンクテーブル★
リンク元除皮質動物
関連記事動物」「除脳

除皮質動物」

  [★]

decorticate animal
除脳動物


動物」

  [★]

animal
動物性動物界

除脳」

  [★]

decerebrationdecerebrate




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡