除脳

出典: meddic

decerebrationdecerebrate


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 求心性刺激を含むCPGの電子回路モデル設計製作
  • 久保田 真仁,土門 立志,前田 義信,飯島 淳彦,市村 智康,林 豊彦
  • 電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題 111(243), 119-124, 2011-10-13
  • … 生体には多くのリズム現象が観察され,それらはCPGと呼ばれる脊髄のニューラルネットワークによって制御されていると考えられている.RybakらはHodgkin-Huxley型のニューロンモデルを用い,除脳ネコを用いた実験結果と合うようなCPGの数理モデルを構築した.さらにRybakらは伸筋や屈筋からの求心性刺激を含んだCPGモデルも構築した.そのモデルによって生じるリズムの解析や工学への応用を目的に,我々は電子回路モデルの構築 …
  • NAID 110008900352
  • 求心性刺激を含むCPGの電子回路モデル設計製作
  • 久保田 真仁,土門 立志,前田 義信,飯島 淳彦,市村 智康,林 豊彦
  • 電子情報通信学会技術研究報告. CAS, 回路とシステム 111(242), 119-124, 2011-10-13
  • … 生体には多くのリズム現象が観察され,それらはCPGと呼ばれる脊髄のニューラルネットワークによって制御されていると考えられている.RybakらはHodgkin-Huxley型のニューロンモデルを用い,除脳ネコを用いた実験結果と合うようなCPGの数理モデルを構築した.さらにRybakらは伸筋や屈筋からの求心性刺激を含んだCPGモデルも構築した.そのモデルによって生じるリズムの解析や工学への応用を目的に,我々は電子回路モデルの構築 …
  • NAID 110008899998

関連リンク

除脳硬直(じょのうこうちょく、英: decerebrate posturing)は、中枢神経の障害により、 四肢の抗重力筋が収縮した際にみられる異常肢位のひとつ。除皮質硬直よりも重症と され、延髄よりも中枢側に病変はあり、中脳や橋の損傷によるものが多い。
1 遺伝学的統御と微生物学的統御; 2 その他動物; 3 動物愛護と法規制; 4 除脳動物 ... 大脳を除去、もしくは脳幹部を特定部位で切断した実験動物を広義に除脳動物(英: decerebrate animal、独:Enthirnungstier)といい、それぞれの脱落症状から除去脳 ...

関連画像

除脳固縮除 皮質 硬直 と 除 脳 硬直除脳硬直』の画像を検索 除脳硬直』の画像を検索 橋出血のCT像の引用 除脳硬直と


★リンクテーブル★
先読みdecerebrate
リンク元decerebration
拡張検索除脳硬直」「除脳姿勢
関連記事

decerebrate」

  [★]

  • 除脳の
decerebration

WordNet   license wordnet

「remove the cerebrum from (a human body)」

decerebration」

  [★]

  • 除脳
decerebrate

除脳硬直」

  [★]

decerebrate rigidity
除脳固縮
除皮質硬直除脳姿勢除脳肢位
γ運動ニューロンγ固縮中脳動物


  • 脳死では見られない ← 脳死はJCS III-300

参考

  • 1.
[display]http://www.fairwiki.org/images/1/19/Decerbrate_posturing_1.JPG


除脳姿勢」

  [★]

decerebrate posturing, decerebrate posture
除脳固縮除皮質硬直、除脳硬直状態



脳」

  [★]

brain
encephalon
大脳ブロードマン野

発生学

前脳 prosencephalon
forebrain
終脳 telencephalon 大脳半球 cerebral hemisphere
間脳 diencephalon 間脳 diencephalon
中脳 mesencephalon
midbrain
中脳 mesencephalon 中脳 midbrain
菱脳 rhombencephalon
hindbrain
後脳 metencephalon pons
小脳 cerebellum
髄脳 myelencephalon 延髄 medulla oblongata

解剖

  • 重量:成人の場合体重の2.2%。2-3%ともいわれる。
新生児:約400g、成人:男性約1,350g、女性:約1,250g

脳幹に着目した分類

  • 大脳、小脳、脳幹(中脳・橋・延髄)

発生学

  • 外胚葉

生理学

  • 脳血流量:心拍出量の15% (心拍出量が5Lとしたら、毎分750ml灌流している事になる)
  • 脳の酸素消費量:全身の消費量の20%
  • 脳のグルコース消費量:全身の消費量の25%。1日100-150g(SCN.3)
  • 血流限界:3分 ⇔心臓は10分(see:窒息)

神経内科プリント

  脳での需要量 割合
血液 700~900 ml/分 心拍出量の 約15%
酸素 40~46 ml/分 全身需要量の 約20%
グルコース 310 μmol/分 全身需要量の 約25%







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡