除去修復

出典: meddic

excision repair
DNA修復ヌクレオチド除去修復塩基除去修復


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 最終講義 色素性乾皮症の病態とアデノウイルスベクターを用いた相補群診断
  • 線虫Caenorhabditis elegansを用いたDNA損傷応答研究の新展開
  • 放射線生物研究 = Radiation biology research communications : 放射線生物研究会機関誌 50(4), 321-337, 2015-12
  • NAID 40020720365
  • P-099(O-01) MUTYHによる塩基除去修復過程に依存して誘導される細胞死はp53の発がん抑制機構の1つとして機能する(ポスターセッション,ゲノム変異の生成と抑制 : 分子メカニズムの理解からレギュラトリーサイエンスへ)
  • 日本環境変異原学会大会プログラム・要旨集 (44), 142, 2015-11-24
  • NAID 110010012563

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.


★リンクテーブル★
先読みDNA修復
リンク元excision repair
拡張検索塩基除去修復」「ヌクレオチド除去修復
関連記事修復

DNA修復」

  [★]

DNA repair
DNA



excision repair」

  [★]

  • 除去修復
base excision repairDNA repairnucleotide excision repair

塩基除去修復」

  [★]

base excision repair
除去修復DNA修復ヌクレオチド除去修復


ヌクレオチド除去修復」

  [★]

[[]]
NER
[[]]
NER


修復」

  [★]

reparation
再生


定義

  • 損傷→修復→瘢痕形成
  • 再生との違いは結合組織により欠損を補う
  • 機能障害と組織変形をもたらす

修復の形

  • 瘢痕の形成
皮膚、腎臓、脾臓
  • 線維化
慢性炎症が起こった組織に起こる
結合組織が実質細胞の間に入り込む




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡