陣痛促進薬

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

関連リンク

「陣痛促進剤」について調べるならプレママタウンへ!専門家のアドバイスやママの体験談も掲載中! ... 予定日を1週間過ぎ、錠剤のものを使いましたが1日6錠と決められていて、朝から少しずつ飲んで陣痛も5分間隔まで来たものの薬 ...
陣痛促進剤は子宮の収縮を増強させるものです。その使い方や副作用について現役産婦人科医が解説します。 ... 陣痛促進剤 1/2 「陣痛促進剤」は人工的に子宮の収縮を引き起こしたり、もともとある陣痛を促進、増強させたりする薬剤 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問099F035
関連記事陣痛」「促進」「」「促進薬」「陣痛促進

099F035」

  [★]

  • 28歳の初産婦。妊娠38週に陣痛発来で入院した。
  • 身長160cm、体重62kg。脈拍80/分、整。血圧110/80mmHg。子宮底33cm。胎児推定体重は2,400gで羊水量は少ない。6時間後の内診所見は児頭下降度SP±0cm、子宮口開大4cmで、破水を認める。
  • 胎児心拍数陣痛図を以下に示す。
  • 対応で適切なのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 099F034]←[国試_099]→[099F036

陣痛」

  [★]

labor pains
dolores partus
分娩時期


周期

G10M.188
  • 子宮の開大度によって異なる
  • 子宮口開大度4-6cmで陣痛周期は3分、子宮口全開大で2分程度。

分娩開始

  • 陣痛の頻度が1時間に6回以上(間隔が10分以内)で、規則的な場合

分類

正常な陣痛

子宮口開大度 子宮内圧 陣痛周期 持続時間
4-6cm 40mmHg 3分 70秒
7-8cm 45mmHg 2分30秒 70秒
9-10cm 50mmHg 2分 60秒

微弱陣痛

子宮口開大度 子宮内圧 陣痛周期 持続時間
4-6cm ≦10mmHg ≧6分30秒 ≦40秒
7-8cm ≦10mmHg ≧6分 ≦40秒
9-10cm ≦40mmHg ≧4分(初産婦)
≧3分30秒(経産婦)
≦30秒

過強陣痛

子宮口開大度 子宮内圧 陣痛周期 持続時間
4-6cm ≧70mmHg ≦1分30秒 ≧2分
7-8cm ≧80mmHg ≦1分 ≧2分
9-10cm ≧55mmHg ≦1分 ≧1分30秒

参考

  • 1. 〔産科医としての基礎知識〕子宮収縮の評価(臨床) - 日産婦誌51巻5号
[display]http://www.jsog.or.jp/PDF/51/9905-119.pdf



促進」

  [★]

facilitationpromotionaccelerationfacilitatepromoteacceleratehastenexpeditefurther
急ぐ加速亢進昇位促通さらに加速度速めるそれ以上昇進


薬」

  [★]

drug, agent
薬物
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品


促進薬」

  [★]

accelerating agent
促進剤

陣痛促進」

  [★]

stimulation of the labor pains




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡