限界板

出典: meddic

limiting plate
[[]]
  • 肝三つ組(hepatic triad)とその周囲の結合組織を含めて肝門管/門脈管と呼ばれるが、限界板とは肝門管に接する特殊な肝細胞である。他の肝実質細胞よりやや小型で塩基性に富む。慢性肝炎では、リンパ球浸潤による限界板の破壊(ピースミール壊死)がみられる。(HIS.357)


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Disse 腔, Mall 腔と門脈域リンパ管との連続性を示唆する剖検例
  • 村田 進,竹下 篤,伊泊 裕子,安田 恵美,栗栖 義賢,芝山 雄老
  • 肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA 48(1), 22-26, 2007-01-25
  • … 病理解剖診断は関節リウマチ,間質性肺炎,胸膜炎.本症例には,Disse腔,Mall腔および門脈域リンパ管の著しい拡張がみられ,拡張したDisse腔と交通するMall腔が認められた.Mall腔とは門脈域辺縁の結合織と限界板の肝細胞との間に存在する腔であり,Disse腔のリンパ液がこの腔を通って門脈域辺縁部の終末リンパ管へ流入するといわれているが,Mall腔が認められることは殆どない.このMall腔は内皮細胞で覆われておら …
  • NAID 10018587289
  • 曲げ加工限界板厚と厚板用曲げ型形状の検討--金属厚板のV曲げ加工(2)
  • 小川 秀夫,黒木 利記
  • 職業能力開発総合大学校紀要. A, 理工学・技能編 (36), 21-26, 2007-03
  • NAID 40015421463

関連リンク

資1-付5-5 (3)標識柱の限界板厚 標識柱の限界板厚は,(社)日本道路協会「道路標識設置基準・同解説 昭和62 年1 月」に従っ て算出するものとする。表-3.1に示す計算条件に基づいて計算した標識柱の限界板厚一覧を,
> 板金品(レーザー加工品)の加工仕様・加工限界 板金品(レーザー加工品)の加工仕様・加工限界 加工仕様のTOPへ 加工限界のTOPへ 加工仕様 1. 曲げ角度の公差(±1.0 ) 2. 曲げによる膨らみ(コブ) 3. プレスブレーキに よるキズ ...

関連画像

加工限界(板バネ)定められた車両限界と建築限界 鉄道の保線作業に使用する計測 国鉄用 車両・建築限界 して限界指標となしたることChronic active (2a) hepatitis)・C型


★リンクテーブル★
先読み慢性肝炎」「門脈管」「肝細胞
リンク元ピースミール壊死
関連記事限界

慢性肝炎」

  [★]

chronic hepatitis
hepatitis chronica
慢性ウイルス性肝炎 chronic viral hepatitis
肝炎肝炎ウイルス。新犬山分類

まとめ

  • 6か月以上肝炎が持続している病態で、主にウイルス性とくにC型肝炎ウイルスによるものが大半を占める。多くは無症状であり検査値異常で気づかれる。検査上、ALT優位にトランスアミナーゼが上昇、ガンマグロブリン上昇、ICH停滞率上昇、血小板は肝臓の線維化を反映して低下している。蛋白合成能の指標となるアルブミンやコリンエステラーゼは正常である。病理所見としては肝小葉を中心とした持続性炎症である。肝門脈域の限界板破壊像(piecemeal necrosis)がみられ、慢性肝炎の進行度の指標となる。肝門部の壊死が拡大してお互い重なり合う壊死像(bridging necrosis)は、肝硬変の進展リスクを反映する。腹腔鏡では、肝臓表面に肝臓の再生を示す斑紋と門脈域辺縁の肝細胞が壊死後の血液貯留を反映する赤色紋理を認める。診断はウイルスの検出と肝生検による組織診団によってなされ、治療は原因疾患に応じた治療を行う。

概念

  • 6か月以上肝炎が持続している病態

疫学

  • B型が約20%、C型が約75%、非B非C型慢性肝炎や自己免疫性肝炎(AIH)はそれぞれ数%。(IMD)

病因

ウイルス性

  • B型肝炎ウイルス:キャリアの10-20%が慢性肝炎に移行。B型肝硬変から肝細胞癌は2.5-3%/年
  • C型肝炎ウイルス:罹患者の60-70%が慢性肝炎に移行。C型肝硬変から肝細胞癌は5-7%/年

病理

  • 肝臓表面の赤色紋理:腹腔鏡上の所見。点状、小斑状、網状の赤色調局面。piece meal necrosisなどにより門脈域辺縁の肝細胞が壊死した後血液の貯留を示す。肝炎の活動性の所見。

症状

  • 多くは無症状
  • B型慢性肝炎:急性増悪期に黄疸や食欲低下、全身倦怠感を認めることがある
  • C型慢性肝炎:黄疸は極めて稀

検査



門脈管」

  [★]

[[]]
肝門管
[[]]
肝門管


肝細胞」

  [★]


ピースミール壊死」

  [★]

piecemeal necrosis
削り取り壊死
限界板


  • interface hepatitisを用いるのがふつうらしい
  • 主に慢性肝炎に認められる病理所見。門脈域近傍でみられる。肝小葉辺縁部と門脈域との境界には限界板が存在するが、リンパ球浸潤と肝細胞壊死により限界板が破壊されて境界が不明瞭となったもの。
  • 慢性肝炎ではALT優位にトランスアミナーゼが上昇するが、門脈域の肝細胞にはASTよりALTが多く存在しているためと説明される。


参考

  • 慢性肝炎
[display]http://www8.ocn.ne.jp/~halfboil/criteria/tab-b3.html
  • 肝炎の分類
[display]http://www2.ocn.ne.jp/~hayasoho/_private/LvHpCl/HptsClas.htm
  • 肝小葉内における肝細胞壊死の諸型
[display]http://www2.ocn.ne.jp/~hayasoho/_private/LvHpNc/HptsNecr.htm
  • 慢性肝炎 組織
[display]http://kc.hospital.okayama-u.ac.jp/~pathology/2000/pathology2000/pathologyI/liv/B-54/B-54.htm


限界」

  [★]

limitlimitation
限定限度、制限




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡