阿膠

出典: meddic

あきょう
ass glue, gelatin
  • 生薬


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/01/26 09:40:16」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

関連リンク

宮廷で愛されたアキョウ(あきょう・阿膠)。東阿阿膠(東阿アキョウ)のアキョウは、最高品質の証です。
阿膠は、『神農本草経』の上品に収載されており、一名を「傅致膠(ふちきょう)」と称し、阿膠という名は東阿(とうあ)(山東省東阿県)に産するところから名づけられたといわれています。 阿膠は、烏驢皮(ロバの皮)又は牛皮 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みgelatin
リンク元水滞」「血虚」「心虚」「芎帰膠艾湯」「炙甘草湯

gelatin」

  [★]

ゼラチン

gelatine

WordNet   license wordnet

「a colorless water-soluble glutinous protein obtained from animal tissues such as bone and skin」
gelatine

WordNet   license wordnet

「a thin translucent membrane used over stage lights for color effects」
gel

WordNet   license wordnet

「an edible jelly (sweet or pungent) made with gelatin and used as a dessert or salad base or a coating for foods」
jelly

水滞」

  [★]

水毒
  • 水に偏在をきたした病態
  • 診断基準として水滞スコアが提案されている。
  • 水滞の病型には、全身型(全身の浮腫、下痢、めまい感、尿量減少、夜間頻尿)、皮膚・関節型(顔面浮腫、関節腫脹、身体の一部の腫脹、朝のこわばり)、胸内型(水様の喀痰、胸水、動悸、胸内苦悶感)、心下型(胃部振水音、悪心・嘔吐、下痢、グル音の亢進)がある。

治療方剤

水滞・全身型

  桂皮 猪苓 茯苓 沢瀉 甘草 生姜 その他 虚実
五苓散 蒼朮               虚実間証
柴苓湯 蒼朮 柴胡 半夏 黄ごん 大棗 人参
猪苓湯         阿膠 滑石      
沢瀉湯                    
苓桂朮甘湯     白朮             虚証
真武湯       蒼朮   芍薬 附子      

水滞・皮膚関節型

  麻黄 石膏 生姜 大棗 甘草 白朮 薏苡仁 蒼朮 当帰 桂枝 芍薬 黄耆 防已 桂皮 茯苓 附子
越婢加朮湯                    
薏苡仁湯                  
防已黄耆湯                    
桂枝加苓朮附湯                

水滞・胸内型

  石膏 防已 桂皮 人参 麻黄 生姜 大棗 甘草 白朮 桂枝 芍薬 乾姜 五味子 細辛 半夏 茯苓 杏仁
木防已湯                          
越婢加朮湯                      
小青竜湯                  
茯苓杏仁甘草湯                            
苓甘姜味辛夏仁湯                    


血虚」

  [★]

気血水
  • 身体に栄養をもたらし、身体の形を作り出している根源である血の量に不足を生じた状態。
  • 血の浪費、血の漏出、血の生成障害により生じる。
  • 血虚の診断のために血虚スコアが提案されている。
  • 症状としては、集中力低下、不眠、「眼精疲労」、めまい感、「こむら返り」、月経不順、顔色不良、抜け毛が多い、「皮膚が荒れ・あかぎれ」、爪の異常、知覚障害
  • 治療方剤には、四物湯芎帰膠艾湯七物降下湯十全大補湯がある。
  地黄 芍薬 川芎 当帰 甘草 艾葉 阿膠 黄耆 黄柏 釣藤鈎 桂皮 人参 茯苓 蒼朮
四物湯                    
芎帰膠艾湯              
七物降下湯              
十全大補湯        



心虚」

  [★]

五臓

症状

  • 焦燥感、不安感、集中力の低下、不眠、嗜眠、情緒不安定、顔面紅潮、舌尖の真紅、動悸、脈の結代、胸内苦悶感、息切れ

治療

  • 方剤:
  黄芩 黄連 甘草/炙甘草 乾姜/生姜 人参 大棗 その他
三黄瀉心湯         大黄        
黄連解毒湯         山梔子 黄柏      
半夏瀉心湯 甘草 乾姜 半夏        
炙甘草湯     炙甘草 生姜 阿膠 桂皮 地黄 麦門冬 麻子仁
酸棗仁湯     甘草       酸棗仁 川芎 知母 茯苓  


芎帰膠艾湯」

  [★]

きゅうききょうがいとう
きゅう帰膠艾湯


炙甘草湯」

  [★]

しゃかんぞうとう





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡