防風通聖散

出典: meddic

ぼうふうつうしょうさん



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/10/29 15:16:12」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • スキルの教室 漢方薬のキホン(3)防已黄耆湯/防風通聖散
  • 臨牀指針 市販薬防風通聖散錠により黄疸をきたした薬物性肝障害の1例
  • 田中 寛人,古賀 風太,馬場 慎一 [他]
  • 臨牀と研究 88(7), 883-886, 2011-07
  • NAID 40018933200

関連リンク

防風通聖散とは?効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番: 薬事典版)

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 漢方製剤

販売名

本草防風通聖散エキス顆粒?M

組成

  • 本品7.5g中 (3包中)
    日局トウキ…………1.2g
    日局シャクヤク ……1.2g
    日局センキュウ……1.2g
    日局サンシシ………1.2g
    日局レンギョウ…… 1.2g
    日局ハッカ…………1.2g
    日局ショウキョウ … 0.4g
    日局ケイガイ ………1.2g
    日局ボウフウ………1.2g
    日局マオウ…………1.2g
    日局ダイオウ………1.5g
    日局ビャクジュツ … 2.0g
    日局キキョウ ………2.0g
    日局オウゴン………2.0g
    日局カンゾウ ………2.0g
    日局セッコウ ………2.0g
       ボウショウ ……1.5g
       カッセキ ………3.0g
    より製した水製乾燥エキス5.0gを含有する。

添加物

  • 乳糖水和物、結晶セルロース、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム、ステアリン酸マグネシウム

効能または効果

  • 腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなものの次の諸症

  高血圧の随伴症状 (どうき、肩こり、のぼせ) 、肥満症、むくみ、便秘。

  • 通常成人は1日7.5gを3回に分割し食前又は食間に経口投与する。

なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 下痢、軟便のある患者[これらの症状が悪化するおそれがある。]
  • 胃腸の虚弱な患者[食欲不振、胃部不快感、悪心、嘔吐、腹痛、軟便、下痢等があらわれることがある。]
  • 食欲不振、悪心、嘔吐のある患者[これらの症状が悪化するおそれがある。]
  • 病後の衰弱期、著しく体力の衰えている患者[副作用があらわれやすくなり、その症状が増強されるおそれがある。]
  • 発汗傾向の著しい患者[発汗過多、全身脱力感等があらわれるおそれがある。]
  • 狭心症、心筋梗塞等の循環器系の障害のある患者、又はその既往歴のある患者[これらの疾患及び症状が悪化するおそれがある。]
  • 重症高血圧症の患者[疾患及び症状が悪化するおそれがある。]
  • 高度の腎障害のある患者[疾患及び症状が悪化するおそれがある。]
  • 排尿障害のある患者[疾患及び症状が悪化するおそれがある。]
  • 甲状腺機能亢進症の患者[疾患及び症状が悪化するおそれがある。]

重大な副作用

間質性肺炎

  • 発熱、咳嗽、呼吸困難、肺音の異常 (捻髪音) 等があらわれた場合には、本剤の投与を中止し、速やかに胸部X線等の検査を実施するとともに副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行うこと。また、発熱、咳嗽、呼吸困難等があらわれた場合には、本剤の服用を中止し、ただちに連絡するよう患者に対し注意を行うこと。

偽アルドステロン症

  • 低カリウム血症、血圧上昇、ナトリウム・体液の貯留、浮腫、体重増加等の偽アルドステロン症があらわれることがあるので、観察 (血清カリウム値の測定等) を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、カリウム剤の投与等の適切な処置を行うこと。

ミオパシー

  • 低カリウム血症の結果としてミオパシーがあらわれることがあるので、観察を十分に行い、脱力感、四肢痙攣・麻痺等の異常が認められた場合には投与を中止し、カリウム剤の投与等の適切な処置を行うこと。

肝機能障害、黄疸

  • AST(GOT)、ALT(GPT)、Al-P、γ-GTPの著しい上昇等を伴う肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。


★リンクテーブル★
先読み大黄」「陽明病」「芍薬」「芒硝」「当帰
リンク元防已黄耆湯」「特発性腸間膜静脈硬化症
拡張検索防風通聖散料エキス」「防風通聖散エキス
関連記事防風

大黄」

  [★]

だいおう、ダイオウ
rhubarb
Rhei Rhizoma
将軍錦紋
ダイオウ属

便秘の改善に用いられる漢方エキス製剤

  大黄 甘草 芒硝 枳実 厚朴 芍薬 桂皮 その他
大黄甘草湯              
調胃承気湯            
大承気湯          
桃核承気湯       桃仁  
桂枝加芍薬大黄湯       大棗 生姜
麻子仁丸       杏仁 麻子仁



陽明病」

  [★]

病型

  • 裏熱型:裏熱を主徴とする
  • 腸型 :便秘、腹満
  • 瘀血型:瘀血症状
  • 水滞型:水滞、裏熱

治療

裏熱型

白虎湯類
  • 実証
  石膏 知母 甘草 粳米 桂皮 人参
白虎湯    
白虎加桂枝湯  
白虎加人参湯  

腸型

承気湯類
  • 実証
  大黄 芒硝 甘草 その他
大承気湯   厚朴 枳実
調胃承気湯    
桃核承気湯 桃仁 桂皮

水滞型

  茵蔯蒿 山梔子 大黄
茵蔯蒿湯


芍薬」

  [★]

しゃくやく、シャクヤク
peony root
Paeoniae Radix
真芍薬 しんしゃくやく
ボタン属、(植物)peony


芒硝」

  [★]

ぼうしょう
  • 生薬
  • 陽明病・腸型・実証に対する方剤に含まれる
  • 含水硫酸ナトリウム
  • 大承気湯、調胃承気湯、桃核承気湯

参考

  • 1.
http://www.e-kampo.com/ekampo/trial/html/library/shouyaku/boushou.html


当帰」

  [★]

とうき
Japanese angelic aroot
Angelicae RadixAngelica root
大和当帰、北海当帰
  • 生薬。
  • 成分:ligustilide、クマリン、ポリアセチレン、スクロース



防已黄耆湯」

  [★]

ぼういおうぎとう

目標

  • 太陰病期、虚証
  • 比較的体力が低下し色白で筋肉が軟らかく、いわゆる水肥り体質の人が、全身倦怠感、多汗傾向を訴える場合に用いる。
  • 浮腫、尿量減少、関節(特に膝関節)の腫脹・疼痛等を伴う場合(中年以降の女性の肥満者で、運動不足のものに多い)

適応

  • 色白で筋肉軟らかく水ぶとりの体質で疲れやすく、汗が多く、小便不利で下肢に浮腫を来し、膝関節の腫痛するものの次の諸症:腎炎、ネフローゼ、妊娠腎、陰嚢水腫、肥満症、関節炎、癰、せつ、筋炎、浮腫、皮膚病、多汗症、月経不順(ツムラのみ適応承認)。
  • 色白で疲れやすく汗のかきやすい傾向のある次の諸症:肥胖症(筋肉のしまりのない、いわゆる水ぶとり)、関節痛、むくみ(クラシエのみ適応承認)

鑑別

  • 1)越婢加朮湯:体力中等度以上、顔面の紅潮、口渇、尿量減少
  • 2)桂枝加朮附湯:体力中等度以下、筋の攣縮、下肢の冷え
  • 3)防風通聖散:体力中等度以上、肥満、顔面紅潮、充実した腹力、便秘傾向
  • 4)よく苡仁湯:体力中等度以上、患部の熱感あり、口渇を伴わない
  • 5)麻杏よく甘湯:体力中等度、急性関節炎、関節の発赤、腫脹、口渇はない
  • 6)大柴胡湯:体力充実、口苦、胸脇苦満、充実した腹壁、便秘

注意

高齢者

  • 生理機能が低下しているので減量など考慮

妊婦、産婦、授乳婦

  • 妊娠中の投与に関する安全性は確立していないので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。


特発性腸間膜静脈硬化症」

  [★]

idiopathic mesenteric phlebosclerosis, IMP
山梔子 サンシシ、間膜静脈、腸間膜静脈硬化症

漢方薬

  • サンシシに含まれるゲニポシドが腸間膜静脈の石灰化と関連していると考えられている。

山梔子を含む方剤


参考

[display]http://ci.nii.ac.jp/naid/10030293861
[display]https://www.jstage.jst.go.jp/article/gee/54/3/54_3_455/_pdf


防風通聖散料エキス」

  [★]

防風通聖散料、漢方製剤


防風通聖散エキス」

  [★]

漢方製剤防風通聖散


防風」

  [★]

ぼうふう、ボウフウ
saposhnikovia root
真防風 しんぼうふう
浜防風





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡