間主観性

出典: meddic

和文文献

  • 学会出版賞(小此木賞)受賞記念講演 「『客観的』理解という名の主観」から「間主観性」へ
  • 丸田 俊彦
  • 精神分析研究 = The Japanese journal of psycho-analysis 58(2), 94-102, 2014-04
  • NAID 40020130677
  • 二種深信における救済の論理と構造 : 阿闍世王の救済における間主観性の一考察
  • 藤原ワンドラ 睦
  • 真宗研究会紀要 (46), 1-28, 2014-03
  • NAID 40020090869

関連リンク

間主観は、自己の頭の中に「共同関係世界」をもつ主観である。自己の「超越化」は間主観性において元々無理がある。 当然、その構造を認識したからうまくいくというのでも、現実がどうにかなるわけでもなく、もしくは、一般社会 ...
Amazon公式サイトで乳児研究から大人の精神療法へ―間主観性さまざまを購入すると、Amazon配送商品なら、配送料無料でお届け。Amazonポイント還元本も多数。Amazon.co.jpをお探しなら豊富な品ぞろえのAmazon.co.jp

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事主観」「主観性」「

主観」

  [★]

subjectivitysubjective
主観性主観的自覚自覚的


主観性」

  [★]

subjectivity
主観


性」

  [★]

sex, gender





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡