開放性腎生検

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 小児に対する後腹膜鏡下腎生検の検討 : 開放性腎生検との比較
  • 木谷 公亮,吉田 正貴,和田 孝浩,桑原 朋広,高橋 渡,稲留 彰人,桝永 浩一,上田 昭一
  • 西日本泌尿器科 62(11), 609-612, 2000-11-20
  • NAID 10019093522

関連リンク

腎生検ってどんな検査? (1)腎生検とは 腎臓を細い針で刺して、一部組織を取ってくる検査をいいます。腎臓には心臓から送り出される血液がたくさん流れ込みます。そのため腎臓に針を刺す腎生検は出血の危険性があるので、経験 ...
大きくわけて2つの方法があります。 1.超音波ガイド下での針生検 病棟で、局所麻酔をして行う方法です。 採取できる組織は、鉛筆の芯くらいの太さで、長さ1~2cmくらいです。 ①患者さんはうつぶせになります。②背中から超音波を ...
まずは、全身麻酔に対する不安を払拭 明日は腎生検ということで、午前中に麻酔科で全身麻酔や腎生検の流れの説明を受けた。今回の入院で最も不安なのは、全身麻酔。というか、それ以外には不安要素はないので、唯一の ...

関連画像

腎生検を受けられる患者さんへ2.開放腎生検腎生検|慶應義塾大学病院  腎生検)3日目~4日目: 開放性


★リンクテーブル★
関連記事生検」「腎生検」「開放」「開放性

生検」

  [★]

biopsy
バイオプシー診査切除術 exploratory excision試験切除術


  • 管腔臓器に対しては内視鏡を用いて鉗子で病変を採取
  • 体内臓器を穿刺する。肝、腎、前立腺

施行

条件付き

  • リンパ節腫脹:感染によるリンパ節腫脹は自然消退しうるので一ヶ月以上経過観察してから。

禁忌

  • 悪性黒色腫:転移しやすいため
  • 精巣腫瘍:血行転移のおそれ   →  ゆえに精巣腫瘍を否定できない陰嚢腫脹に対しては診断を兼ねた高位精巣摘除が標準的治療


腎生検」

  [★]

renal biopsy, kidney biopsy
腎バイオプシー


適応

  • タンパク尿が多い(1g/day以上)
  • 活動性の腎炎所見(円柱、白血球)
  • 急激な腎機能低下
  • タンパク尿と血尿が持続
出典不明
  • 適応:慢性腎炎、全身性の血管炎で腎合併症がある場合、遺伝性腎症、間質性腎炎、原因不明の腎不全
  • 禁忌:出血傾向、悪性新生物、易感染性、慢性腎不全、高度の浮腫・腹水、片側腎
腎生検ガイドブック
  • 適応:検尿異常(蛋白尿、血尿)、ネフローゼ症候群、急性腎不全、移植腎
  • 禁忌:出血傾向、片腎、萎縮腎、管理困難な高血圧

参考

  • 1. [charged] 腎生検の適応および合併症 - uptodate [1]

国試

  • 101A037:末期腎不全患者では多嚢胞化萎縮腎となっており、腎生検は禁忌。


開放」

  [★]

open
オープン開口開放性開く開放的


開放性」

  [★]

open
オープン開口開く開放開放的




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡